第2回:ハイキャパエクストリーム【再注目! 東京マルイ名銃コレクション】

 

 東京マルイの製品の中から歴史的な1挺を紹介していく「再注目! 東京マルイ名銃コレクション」。第2回目はガスブローバックハンドガン「ハイキャパ エクストリーム」だ。なお今企画は動画でも同時公開されている。少し毛色の違ったそちらもぜひご覧いただきたい。

 

前回までの記事一覧はこちら

 


 

 

 東京マルイのガスブローバックハンドガンシリーズの中でも異色の存在であるこのモデルは、シリーズ唯一のフルオートオンリーのハンドガンである。ハイキャパ4.3タクティカルカスタムをベースに、フルオート専用のブローバックエンジンやハンマー/ディスコネクターを採用し、さらにスライドのストロークを短くしたことで秒間25発の連射スピードを実現。これは同社の電動ガンハイサイクルカスタムに匹敵するスピードだ。1マガジン分(装弾数31発)を1秒ちょっとで撃ち切ってしまう計算になる。フルオートオンリーであることを知らずに撃つと、発射音がひとつに連なって聞こえるくらいのブローバックサイクルに誰しもが驚くはずだ。

 ディテールに目を移すと、スライドは側面のみシルバー仕上げとして専用刻印とセレーションを追加。硬質クロームメッキ仕上げのスライドストップやサムセーフティ、ショートテイルグリップセーフティ、リングハンマーが付属している。ハイキャパ5.1と同じ装弾数31発のマガジンが付属しており、オプションのハイキャパ50連ロングマガジンが共用可能。秒間25発の連射スピードを味わい尽くしたいならこのロングマガジンがお薦めだ。インナーバレルには可変ホップアップシステムを搭載しておりハイキャパ5.1譲りの高い命中精度を発揮する。

 まるで羊の皮を被ったオオカミのようなハイキャパエクストリーム。サバゲーのサイドアームとしてはもちろんCQB用のメインウェポンとしてもお薦めだ。

 

見た目はハイキャパ5.1のコンパクトモデルだが、セレクターレバーがなく一見しただけではフルオートオンリーであることがわからない。撃てばわかる潔くて男気のあるハンドガンだ。

 

ハイキャパ4.3と同様の20mm幅のアンダーレール付きフルダストカバーシャーシを採用。

 

両側面のみシルバー仕上げのスライド。左側には「XTREME.45」と刻まれている。

 

スライド右側には筆記体調で「XTREME」のマークが入れられている。

 

リングハンマーやサムセーフティ、グリップセーフティは硬質クロームメッキ仕上げ

 

乱反射防止のセレーションが入れられたフラットタイプのスライド上面。ロープロファイルのタクティカルリアサイトが付属。

 

装弾数31発のマガジン。ハイキャパシリーズのマガジンがすべて共用できる。

 

トリガーを引くと猛然とブローバックする。秒間25発なのであっという間にマガジンが空になってしまう。フルオートブローバックの醍醐味が存分に味わえる。

 

DATA

  • 全長:200mm
  • 重量:862g
  • 装弾数:31発
  • 価格:¥16,800
  • お問い合わせ先:東京マルイ

 

TEXT:毛野ブースカ

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事