ピストル競技用にカスタマイズした「SIG P226S CUSTOM」

 

 やや古いモデルで恐縮だが、あのSIG SAUERの人気モデル“P226”に“S”モデルがあったのをご存じだろうか。このP226SはSIG SAUERが作り出したオールステンレス製のシングルアクションオンリーの希少モデルだ。

 


 

 

SIG SAUER P226S Custom

Caliber 9mm

全長:267mm

重量:1,170g(エンプティ、マウントなし)

バレル長:1,400mm

マガジンキャパシティ:19/25発

シングルアクションオンリー

 

 初めてP226Sモデルがリリースされたのは2010年頃のこと。ドイツにある本社のカスタム部門でごく少量が製造された。“S”というのはスポーツモデルのことで、要はピストル競技用にカスタマイズされたスペシャルモデルだった。その数年後には“X5”の名を冠した同種のモデルが次々にリリースされ、そのモデル構成を増やしていった。

 今回紹介するモデルはなかでも特別で、5.5インチバレルにカスタム部門がデザインしたコンペンセイターが装着されたオープンクラスモデルだ。

 

ぴったり載るので、タスコのプロポイントを選んでみた。10年前の最新型だ

 

シングルアクションオンリーのトリガーは、いわばフルアジャスタブルで、トリガーの位置、オーバートラベル、トリガープルの重さを自分で調整することができる。節度よく決まるマニュアルセーフティはアンビだ。ビーバーテールは現行のものより大きく長い

 

通常分解。5.5インチバレルの精度は抜群だ

 

ん? サイトマウントとコンプを外すと、その雰囲気ががらりと変わるではないか。これは立派なコンバットピストルだ

 

【アームズマガジンウェブ編集部レビュー】

 P320がM17としてアメリカ軍に採用されるなど、華々しい話題に彩られるSIG。今回ご紹介しているP226は、バリアントとしては少々クラシカルではあるが、未だに独特の魅力はファンを魅了し続けている。しかも本モデルはかなり手の込んだカスタムモデルである。本日17時に更新の記事では、その実射シーンをお送りしよう。

 

Text & Photos: Hiro Soga

編集部レビュー:アームズマガジンウェブ編集部

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年6月号 P.120~127よりウェブ用に再編集したものです。

 

レポート本編が読める
月刊アームズマガジン6月号のご購入はこちら