ステンMk.V ~崖っぷちから誕生したスーパーSMG~【無可動実銃の魅力】

 

革新と伝統が融合したブリティッシュSMG

 

ステン Mk.V 短機関銃

 

 あらゆる銃器において高い射撃精度を重視するイギリス陸軍の伝統もあって、長くイギリス軍はサブマシンガンに興味を持っていなかった。ところが、第二次世界大戦初期のダンケルク退却において多くの軍需物資を失ったイギリス軍は、安くて製造が容易な兵器が必要となり、それを満たすべく開発された銃こそステンである。

 ほとんどの部品が単純な金属パイプで寸法の公差が大きくシンプルな構造であったステンは、急造兵器でありながらも効果は高く、とって代わる兵器もなかったことから戦後もそのまま使用されている。

 

ステン Mk.V 短機関銃

 

ステン Mk.V 短機関銃
(複数在庫品、#00440)

  • 全長:762mm
  • 口径:9mm×19
  • 装弾数:32発
  • 価格:¥180,000

 

 その簡素な造りと一部粗悪品が混じったことでステンには悪いイメージが常に付きまとうが、北アフリカ戦線で実施したトンプソンとの評価試験では、特に劣悪な環境での耐久性や集弾性に優れた結果を示した。

 突貫で製造されたステンは充分な開発期間もなく採用された、イギリス軍銃器の中では特異な存在だ。これまでの優雅ともいえる造りのよい銃器に馴染んでいたイギリス兵には不評であったが、1941年から45年までのわずか4年の間に生産されたのは400万挺以上で、これはドイツのMP40の生産数100万挺を大きく上回る。そうして急造兵器としての目的を完全に達成した稀有なSMGとして歴史に残る銃となった。

 

ステン Mk.V 短機関銃

ボディは筒状のパイプでいくつかのブロックに分かれたプレスパーツが組み合わさった効率重視な構造になっている

 

ステン Mk.V 短機関銃

Mk.Vになるとフロントサイトはリー・エンフィールド小銃と同一のものに変更され銃剣の装着を可能にした

 

ステン Mk.V 短機関銃

ほぼ垂直の角度を持つピストルグリップの採用によって、サブマシンガンとして完成された形状となった。丈夫なウォールナット材がストレスによりクラックが入るほど酷使されていたようだ

 

 それまでのステンが木製パーツを廃止した先進的な構造だったが、Mk.Vで既存のスタイルに戻したのは経費削減のため、一般兵と同等の装備を空挺隊員に流用させ、制式小銃のリー・エンフィールドの部品を流用することで合理的にバージョンアップを行なうためであった。

 ステンMk.Vは1944年に登場し、1960年代初頭までイギリス軍で使用され、朝鮮戦争やインドネシアでの戦闘でもその姿は確認されている。その後は後継のスターリングSMGに換わってしまったが、ステンの製造設備で生産できることが条件だったので基本構造は引き継がれることになった。


 

SHOP DATA

シカゴレジメンタルス

●東京上野本店
〒110-0005 東京都台東区上野1-12-7 Theシカゴビル
TEL 03-5818-1123 FAX 03-5818-1124
営業時間 12:00~20:00 年中無休

 

●大阪店
〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町1-5-14 瓦町一丁目ビル4階
TEL 06-6223-9070 FAX 06-6223-9071
営業時間 12:00~20:00 年中無休

 

新型コロナウイルスの影響により、営業時間が変更になっている場合がございます。

詳細はシカゴレジメンタルス様のブログをご覧ください。

 

TEXT:IRON SIGHT/アームズマガジンウェブ編集部
撮影協力:東京サバゲパーク

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年6月号 P.110~111より抜粋・再編集したものです。

 

レポート全編が読める
月刊アームズマガジン6月号のご購入はこちら