タナカ「SIG P220 自衛隊 ガスブローバックガン&モデルガンシリーズ」製品レビュー

 

9mm拳銃をモデル化した唯一無二の存在が

リアルさと撃ち応えをさらに進化させた

 

 


 

ガスブローバックガン SIG P220 IC 陸上自衛隊 ヘビーウエイト

 

 

 このモデルの特徴はフレーム先端まで一体化された金属製シャーシIC(Integrated Chassis system /インテグレーテッド・シャーシ・システム)を採用していることだ。外観面では刻印やシリアルナンバーが変更され、フレームとスライドは実銃の持つ素材による色の違いが再現されている(ABS樹脂モデル)。写真の陸上自衛隊のほかに海上自衛隊、航空自衛隊がラインアップされている。

 

「インテグレーテッド・シャーシ・システム」は安定したスムーズなブローバックアクションの実現はもちろんのこと、耐久性や生産性を重視したデザインとなっている

 

ヘビーウエイト製スライドにもかかわらずシャープでスピーディなブローバックに加えて命中精度も高く、サバゲー用サイドアームに最適

 

DATA

  • 全長:208mm
  • 全高:141mm
  • 全幅:36mm
  • 重量:890g
  • 装弾数:20発
  • 価格:¥26,800(海上自衛隊、航空自衛隊も同仕様。ABS樹脂モデルは各¥24,800)
  • お問い合わせ先:タナカ

 

SIG P220航空自衛隊 EVO2フレームHW モデルガン

 

 

 自衛隊マニアのみならずモデルガンマニアからも熱い支持を受けるタナカのモデルガンシリーズ。最新モデルは軽量で腐食に強い硬質アルミ製EVO2カートリッジを採用したEVO2フレームヘビーウエイト。耐久性向上のために補強済みバレル、SPバッファー付きリコイルスプリングガイド、エラストマー製ハンマーストップ、防錆処理済みプレスパーツを導入している。発火式モデルガンの醍醐味が楽しめる1挺だ。

 

強化軽量樹脂製スライドがブラスト仕上げになったことで、フレームとスライドの素材が異なる実銃の質感に近づいた

 

スライドを引いてチャンバーにカートリッジを送り込もうとしているところ。エジェクションポートからカートリッジが見える風景はガスブローバックガンでは味わえない

 

DATA

  • 全長:195mm
  • 全高:143mm
  • 全幅:35mm
  • 重量:650g(カートリッジ含まず)
  • 装弾数:9発
  • 価格:¥25,800(陸上自衛隊、海上自衛隊も同仕様。写真の航空自衛隊は4月中頃発売予定)
  • お問い合わせ先:タナカ

 

【アームズマガジンウェブ編集部レビュー】

 今となっては少々クラシックなモデルといえるP220。しかし、スリムなグリップやスムースなトリガーなど、独自のメカニズムやデザインが光る1梃である。特にモデルガンバージョンは、タナカの誇るEVOカートリッジによって優れた作動性能を示す。どちらもP220の決定版といった存在だ。

 

TEXT:毛野ブースカ

編集部レビュー:アームズマガジンウェブ編集部

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年5月号 P.56-58より抜粋・再編集したものです。

 

レポート全編が読める

月刊アームズマガジン5月号のご購入はこちら

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事