その他

2020/04/07

「Guns & Shooting Vol.15」好評発売中!

 

日本の銃砲と狩猟シーンを紹介する専門誌MOOK「Guns & Shooting Vol.15」をご紹介

 

 

「Guns &  Shooting」とは、射撃、狩猟を取り巻く我が国の厳しい環境の中で、善良かつ良識あるシューター、ハンターがこの趣味を継続していくことを、雑誌メディアの立場からサポートしていく、銃・射撃・狩猟の専門誌である。

今回は昨年3月に発売された「Guns & Shooting Vol.15」についてご紹介しよう。

 

 

 

 今回の記事は極寒の北海道でのヒグマのハンティングだ。ヒグマは、とても警戒心が強く、追跡に気付けばすぐに逃走し、隙を見て反撃しようとする、手ごわい存在だ。彼らを狩れる猟師は、日本では数少ない。
 高齢化で失われつつある貴重な技術を、密着取材。ヒグマの痕跡を逃さず、的確に追い詰めていく、熟練のハンターの手腕を紹介する。これらの狩猟の他にも、さまざまなハンティングを取り上げた記事を紹介。

 

 

 また、もちろん銃に関する記事もふんだんに盛り込まれている。特に、米国で毎年開催されている世界最大規模の銃器見本市である「SHOT SHOW 2019」に展示された銃たちも紹介されている。
 銃だけでなく、スコープも特徴を押さえて、さまざまなものを紹介。これ一冊あれば、最新の猟銃が分かる! というぐらいまでにしっかりと銃を押さえられている。

 

 他にも狩猟ナイフの紹介や、散弾銃の可視化に挑んだ記事など、読みどころはたくさんだ。ぜひお手に取ってご覧いただきたい一冊である。

 

Guns & Shooting Vol.15の購入はこちら