KSC「G18C&G23F スライドヘビーウエイト」製品レビュー

 

HWスライドになった2つのグロック

 

フルオート可能な人気モデル

 

 KSCのグロックシリーズは1999年から発売されているロングセラーモデルだ。当時最新のアンダーレールが付いたサードモデルで人気に火がつき、バリエーションとしてフルオートモデルの「G18C」を発売すると、派手なアクションでたちまち好評を得た。

 レスポンスのいいブローバックエンジンと、効率を優先させた亜鉛一体型マガジンの採用でフルオートでも息切れすることなく最後まで撃ち続けられる。

 

HWスライドにグレードアップ

 

 今回、他のモデルに続きスライドがヘビーウエイト樹脂になったことで重量級のズシンとくるリコイルショックが味わえるようになったG18C。

 

KSC G18Cスライドヘビーウエイト

 

KSC G18Cスライドヘビーウエイト

おなじみの特徴的なG18Cスライド上部。後述のG23Fとの違いを確認できる

 

 一方、「G23F」はハイブリッドコンプを装備したカスタムをモチーフにしたオリジナルのカスタムモデルだ。

 

KSC G23Fスライドヘビーウエイト

 

 G23Fには、反動をコントロールするためにマガジンをフォアグリップ代わりにできるアタッチメントやカスタムリアサイト、エクステンショングリップが付属する。

 

KSC G23Fスライドヘビーウエイト

G23Fのバレル上面にはアロテックタイプのガスポートが付いたリブと、切り欠かれたスライドが噛み合う「ハイブリットコンプ」

 

KSC G23Fスライドヘビーウエイト

マルチアンダーマウントを付ければグロック用マガジンをフォアグリップ替わりに使用することも可能だ

 

DATA

 

G18Cスライドヘビーウエイト

  • 全長:202mm
  • 全高:136mm
  • 全幅:30mm
  • 重量:700g
  • 装弾数:23発
  • 価格:¥21,000

 

G23Fスライドヘビーウエイト

  • 全長:186mm
  • 全高:136mm
  • 全幅:30mm
  • 重量:800g(マウント含む)
  • 装弾数:23発
  • 価格:¥21,500

 

  • お問い合わせ先:KSC

 

TEXT:IRON SIGHT/アームズマガジンウェブ編集部

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年5月号 P.88より抜粋・再編集したものです。

 

レポート全編が読める
月刊アームズマガジン5月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事