スタームルガーのブランドアイコン「スーパーレッドホーク」

 

マルシン スーパーレッドホーク.44マグナムタイプ 6mmBB Xカートリッジシリーズ

 

マルシン スーパーレッドホーク.44マグナムタイプ 6mmBB Xカートリッジシリーズ

 

 スタームルガーというブランドは、質実剛健なイメージもあって実銃ではそこそこのブランドイメージを持っている。しかし、国内では少々マニアックな存在ともいえる。実銃と同じく、もっとメジャーな存在になっても良いのではないか。

 

 そのためには、アイコンシャスなモデルが必要だろう。コルトにはガバメントやパイソンが、ベレッタにはM9があるように、である。そう考えたとき、個人的にはスーパーレッドホークを推したい。

 

スーパーレッドホーク.44マグナムタイプ9.5インチ ホーグタイプグリップ仕様 シルバーABS 6mmBB Xカートリッジ

▲スーパーレッドホーク.44マグナムタイプ9.5インチ ホーグタイプグリップ仕様 シルバーABS 6mmBB Xカートリッジ(¥25,800)

 

 いかにもマグナムでござい!という武骨なシルエット、ガツンと太いバレルにフレーム、オリジナリティあるハンマーやシリンダーラッチのデザインなど、非常にアイコンシャスなのである。スイングアウトすれば、これまたガツンと大きなシリンダーが顔を出し、他社のリボルバーとは一線を画する武骨さである。

 

マルシン スーパーレッドホーク.44マグナムタイプ 6mmBB Xカートリッジシリーズ

 

 実銃では、こういった要素の一つ一つが質実剛健なイメージに繋がっており、またブランドイメージを構築しているのだろう。

 

マルシン スーパーレッドホーク.44マグナムタイプ 6mmBB Xカートリッジシリーズ

 

 もちろん国内で実銃の所持はできないが、そのイメージを正確に伝えるエアガンのお陰でメーカーのフィロソフィに触れることができる。マルシンがモデルアップするスーパーレッドホークは、ライブカート式を採用しているために操作感もリアルで、モデルガンメーカーらしい忠実な再現は趣味の相棒に相応しい。

 

 エアガンにおいて、特にリボルバーは趣味性が高い。だからこそ、こういった個性的なモデルが輝くのだ。

 

スーパーレッドホーク.44マグナムタイプ7.5インチ ホーグタイプグリップ仕様 シルバーABS 6mmBB Xカートリッジ

スーパーレッドホーク.44マグナムタイプ7.5インチ ホーグタイプグリップ仕様 シルバーABS 6mmBB Xカートリッジ(¥24,800)

 

 

TEXT:モロ☆

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年5月号 P.96より抜粋・再編集したものです。

 

レポート全編が読める
月刊アームズマガジン5月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事