装備

2020/04/19

気楽に行こうぜ! なキャップとパーカー【一番星の中の人によるギアレビュー】

「月刊アームズマガジン」編集部のsakayaがおくる『一番星の中の人によるギアレビュー』。
 サバゲ野郎一番星の中の人であるsakayaが毎月自前のギアを紹介していく本コーナー。今月は、SEALsとも縁の深いアパレルメーカーのキャップとパーカーを紹介するぜ!

 

URT


URT “SEAL” Dad'sクラシックキャップ(オリーブ)

問:MIL-FREAKS
 

 Dad's CAP、つまりは親父の帽子だぜ。誰もが想像するようなアメリカの父親が被っていそうなベースボールキャップさ。昔ながらのデザインで、被りは少々浅め。色味も渋いオリーブだから、オールドスクールな装備に合いそうだよな。

 

URT

しかもストラップの調整もずいぶんと懐かしいデザインなんだ

 

URT

フロントのロゴは吠えるアシカ(SEAL)さ。SEALs隊員がコイツを被っていたら、ちょっとクスッときちまうよな

 

お次は…、

 

URT

 

URT “BONE SHAKA” フリースフーディー(ヘザーネイビー)

問:MIL-FREAKS
 

 表面は100%のコットン、裏地はコットン/ポリエステル混合のソフトフリース製のパーカだぜ。着心地がやさしく、肌触りがとてもいいんだ。なにしろ薄くて軽い。この軽さに反してとても温かい。腹部にはハンドウォーマーがある。

 

URT


 ちなみに胸元には“BONE SHAKA”がプリントされている。 シャカとはハワイで使われているジェスチャーで、アロハと同じように使われるんだ。こんにちは、さよなら、ありがとうといったあいさつのほか、元気? 頑張ろう! といったいろんな意味が込められているんだ。友人たちと親しみをこめてするハンドサインだよな。


 キャップもパーカーも普段使いはもちろん、サバゲーで装備とあわせてもバッチリなアパレルなんだぜ!

 


【プロフィール】

sakaya(酒屋) 

sakaya

 

かつてはサバゲ番長、現在はサバゲ野郎一番星のなかのひと。

アームズ編集部でも無類のナイロン好き。

業界で一等輝く一番星になる日を夢見て、西へ東へ。