東京マルイ「ガスブローバックガン グロック17 Gen4」製品レビュー

 

第4世代のグロック17を待望のリアルサイズで再現

 

 ロングセラーモデルが続々と最新スペックにアップデートされる中、人気のモデルのグロック17がいよいよアップデートされる。

 

東京マルイ「ガスブローバックガン グロック17 Gen4」製品レビュー

 

 外観は従来のジェン3からモジュラーバックストラップシステムを採用した第4世代(ジェン4)となり、さらにグロック19と同様リアルディメンションとなった。これによりグロック17用の実物ホルスターが使用できるようになる。もちろん実銃と同じくバックストラップ(4タイプ付属)は交換できる。

 

東京マルイ「ガスブローバックガン グロック17 Gen4」製品レビュー

リアルディメンションになったことでグロック17用の実物ホルスターが使用できる。リコイルスプリングガイドは実銃同様の形状となっている

 

東京マルイ「ガスブローバックガン グロック17 Gen4」製品レビュー

ジェン4の最大の特徴であるモジュラーバックストラップシステム。バックストラップは4種類あり、バックストラップ未装着時を含めて5パターンから選択できる

 

東京マルイ「ガスブローバックガン グロック17 Gen4」製品レビュー

マガジンキャッチは大きくされて押しやすくなり、実銃同様に左右の入れ替えができる

 

東京マルイ「ガスブローバックガン グロック17 Gen4」製品レビュー

マガジンキャッチが入れ替えができるジェン4に対応した9mm口径仕様のマガジン。装弾数は25発(※写真は試作品)

 

 内部メカはグロック19サードジェネレーションがベースとなっており、直径15mmの大口径シリンダー、ショートリコイル機能が見直されている。

 

東京マルイ「ガスブローバックガン グロック17 Gen4」製品レビュー

 サンプルを実射してみたところ、従来型に比べてブローバックのキレがアップ、リコイルショックもシャープになり、撃ち応えは明らかに進化している

 

 従来型以上に人気モデルになりそうな予感がする第4世代のグロック17。発売が非常に待ち遠しい1挺だ。

 

東京マルイ「ガスブローバックガン グロック17 Gen4」製品レビュー

※写真は試作品です。量産品とは細部が異なる場合があります

 

DATA

  • 全長:未定
  • 全高:未定
  • 全幅:未定
  • 重量:未定
  • 装弾数:25発
  • 価格:未定(鋭意進行中)
  • お問い合わせ先:東京マルイ

 

TEXT:毛野ブースカ

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年5月号 P.26より抜粋・再編集したものです。

 

レポート全編が読める

月刊アームズマガジン5月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事