AKトイガンPICKUP!~LCTエアソフト・CYMA~

 

AKシリーズのエアガンといえば、かつてはAK47が主役だったが、特に近年はソ連崩壊以後のモデルが再現されることが多くなってきた。ここではAKシリーズのトイガンをメーカー別にピックアップ。総勢40アイテムを3回に分けて紹介しよう。

 

~東京マルイ・KSC・BOLTエアソフト・G&Gアーマメント~編はコチラ

 


LCTエアソフト

 

LCK-12

 

LCK-12

※画像をクリックすると詳しい記事が見られます※

 

  • 全長:685mm/945mm(ストック展開・伸張時)
  • 重量:3,800g
  • 装弾数:130発
  • 価格:オープン

 

 レシーバートップとハンドガードにピカティニーレールを追加、マルチフォールディングストックに変更された最新の第5世代のAKシリーズを再現。バッテリーはレシーバートップ内に収納される。内部メカにはバージョン3メカボックスを採用している。

 

 

LCK74MN

 

LCK74MN

  • 全長:710mm/955mm(ストック展開時)
  • 重量:3,380g
  • 装弾数:130発
  • 価格:オープン

 

 LCTエアソフトの電動ガンAKシリーズの中でも人気があるのが小口径バージョンのAK74をモチーフにしたLCK74MNだ。ブラックフィニッシュの樹脂製ハンドガードやフォールディングストックを採用したAK74の最新バージョン。マガジンもAK74タイプが付属。

 

 

LCK104

 

LCK104

  • 全長:590mm/835mm(ストック展開時)
  • 重量:3,200g
  • 装弾数:130発
  • 価格:オープン

 

 クローンモデルはたくさん存在するが、本家ロシア製のAKシリーズは意外とバリエーションが少ない。AK104はバレルを短くしたAK103のカービンバージョン。ラッパ型のクリンコフタイプをショートカットしたフラッシュハイダーが装備されている。

 

 

LCK105

 

LCK105

  • 全長:590mm/835mm(ストック展開時)
  • 重量:3,200g
  • 装弾数:130発
  • 価格:オープン

 

 LCK105はメタルフォールディングストックが付属したモデル。LCK105は本誌P.62で紹介しているモダンAKカスタムのベースガンとして使われることが多い。シンプルで取り回しやすく、サバイバルゲームでも使いやすい。

 

 

LCKS74UN

 

LCKS74UN

  • 全長:498mm/730mm(ストック展開時)
  • 重量:3,500g
  • 装弾数:130発
  • 価格:オープン

 

 AK74のマイクロカービンモデルを電動ガンで再現。LCTエアソフトらしく木製ハンドガード、プラムカラーのグリップ、スチールプレス製トライアングルストック、通称赤マガジンなどリアリティにこだわった1挺。

 

 

STK-74 電動ガン

 

STK-74 電動ガン

  • 全長:710mm/915mm(ストック伸張時1,005mm)
  • 重量:3,900g
  • 装弾数:450発
  • 価格:オープン

 

 LCTエアソフトのSTK-74電動ガンはモダナイズドAKでありながら比較的シンプルで、AKのフォルムを生かしたスタイルになっている。握りやすいTDIタイプハンドガードに、STKBRタイプのストックは折りたたみはもちろん伸縮も可能となっている。

 

 

LCKM

 

LCKM

  • 全長:913mm
  • 重量:3,450g
  • 装弾数:130発
  • 価格:オープン

 

 LCTエアソフトの電動ガンAKシリーズのフラッグシップモデルであるLCLMは、AKMを再現した電動ガンとして貴重な存在。フルメタルボディやAKM特有のフラッシュハイダーに実銃同様の合板製ハンドガードとストックが装備されている。

 

 

LCKMS

 

LCKMS

  • 全長:665㎜/904mm(ストック展開時)
  • 重量:3,500g
  • 装弾数:130発
  • 価格:オープン

 

 AKMのフォールディングストックバージョンをモデル化。実銃同様に折りたたみ可能なフォールディングストック、合板製ハンドガードを装備している。

 

 

M70AB2

 

M70AB2

  • 全長:650mm/910mm
  • 重量:3,600g
  • 装弾数:600発
  • 価格:オープン

 

 ガスチャンバー部分にフリップアップ式グレネードサイトが付き、ハンドガードの穴の数も異なるのがM70AB2の特徴。フロントサイトには折りたたみ式の夜間サイトもリアルに再現されている。

 

 

PP-19-01

 

PP-19-01

  • 全長:480mm/705mm(ストック展開時)
  • 重量:3,220g
  • 装弾数:50発+50発
  • 価格:オープン

 

 PP-19 BIZONのスパイラルマガジンの代わりにオーソドックスな30連マガジンを装着できるようにしたのがPP-19-01だ。実銃ではAKと60%のパーツが互換性があるものの、電動ガンでは新規にパーツが作り起こされている。

 

■お問い合わせ先
LCTエアソフト
http://www.lctairsoft.com/

 


CYMA

 

CM040 AKS101

 

CM040 AKS101

  • 全長:712mm/945mm(ストック展開時)
  • 重量:3,190g
  • 装弾数:500発
  • 価格:¥34,200

 

 ブラックのハンドガードやグリップが特徴のAK100シリーズの中でもフルサイズのメタルフォールディングストック仕様を電動ガンで再現。

 

 

CM040C AKS-74MN

 

CM040C AKS-74MN

  • 全長:710mm/955mm(ストック展開時)
  • 重量:3,410g
  • 装弾数:500発
  • 価格:¥34,200

 

 実銃ではAK101に相当する樹脂製フォールディングストックが付属したAK100シリーズの中でもっともスタンダードなモデルを再現。

 

 

CM040B AKS104

 

CM040B AKS104

  • 全長:595mm/834mm(ストック展開時)
  • 重量:3,270g
  • 装弾数:500発
  • 価格:¥34,200

 

 AKS74Uと同じラッパ型ハイダーが付属したAK100シリーズのカービンモデル。M16シリーズに当てはめるならM4A1カービンに相当する。

 

 

CM040D AK105

 

CM040D AK105

  • 全長:595mm/834mm(ストック展開時)
  • 重量:3,270g
  • 装弾数:500発
  • 価格:¥37,700

 

 メタルフォールディングストックが付属したカービンモデル。現用AKカスタムを再現するうえでのベースガンとしてピッタリな1挺。

 

 

CM035A AKS-74UN

 

CM035A AKS-74UN

全長:735mm
重量:2,900g
装弾数:600発
価格:¥23,800

 

 メタルレシーバーにリアルな木製ハンドガードが付属。もちろんメタルフォールディングストックは実銃同様に展開・折りたたみが可能だ。

 

 

CM048S AKMS

 

CM048S AKMS

  • 全長:661mm/914mm(ストック展開時)
  • 重量:3,400g
  • 装弾数:600発
  • 価格:¥39,800

 

 近年のAKシリーズはバリエーションが豊富だが、旧ソ連時代のモデルにはあまりない。AKMSはAKMシリーズの数少ないバリエーションのひとつ。AK47Sと同様、スチールプレス製のフォールディングストックが装備されている。

 

■お問い合わせ先
UFC
http://ufcairsoft.jp/
wholesale@ufc-web.com

 


 

 

TEXT:毛野ブースカ

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年4月号 P.62~69より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン4月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事