KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

 

KSCオリジナル電動シリーズTEGが待望のMAR15スタイルで登場

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

※実射シーンとインプレッションはこちらの動画をご覧ください。

 

●サイクルコントロール搭載の電動ガン

 

 従来のデザインの枠にとらわれない新しいコンセプトの電動ガンとして登場したオリジナル電動ガンシリーズは、発売と同時に好評を得た。第1弾のストラックTEGは最新のトレンドをすべて取り入れたピストルカービンスタイルでユーザーの関心を集めた。KSCらしいカッチリとした作りに加え、滑らかな作動は上級者から見てもノーマルでこれほどの作りかと驚かれたほどだ。

 サイクルと初速を無段階式に微調整できる斬新なチューニング機構はスプリングガイドの位置を前後させることでスプリングテンションを調整するようになっており、バッファー側から専用のレンチで回すだけで調整できる。室内・野外を問わずに最適なサイクルと初速を得られる便利なシステムだ。

 

 

●最新のARスタイルの導入

 

 今回新たにポピュラーなAR15系デザインになったT6がラインアップに加わった。

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

 

 全長はストラックTEGと同様にしながらも、操作性に関してはもっともポピュラーなAR15スタイルにしたことで汎用性が高くなっている。

 ハンドガードはM-LOKに変更になり、最新のウェポンアクセサリーがセレクトできるようになった。

 

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

最新型のM-LOKハンドガードはスリムな形状で握りやすい。下部にはフォアグリップやフィンガーガードの取り付けに適したサイズのレールが設けられている

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

サイドポートが特徴的なロングタイプのハイダー。14mmの逆ネジで付けられているのでマズルデバイスの交換は簡単だ

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

メタルレシーバーにはT6のロゴとシリアルNoだけのシンプルな刻印が入っているだけだ。トリガーガードやセレクターもさりげなく大型のものが付けられ操作性が向上している

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

チャージングハンドルはオリジナルデザインでアンビ仕様のものがチョイスされている

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

ピストルグリップはPTS製の最新型が標準装備されている。ポリマー樹脂製で耐久性に優れた上に軽量で使いやすい

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

新型のPDWストックは伸ばす際にはストックを引っ張るだけで2段階に展開できるのでスピーディな操作が可能だ

 

 

 また、従来のM4 ERG用マガジンと互換性のある120連マガジンが採用されたので戦闘力がアップし、マガジンの携帯にM4用のポーチが使える。重量もメタルレシーバーを採用しながらストラックTEGの3kgから2.6kgという軽量化も実現。

 実射性能に関してもストラックTEGと同様に内部をブラッシュアップしたメカボックスが内蔵されているため良好に作動する。トリガープルはリアルな感じで、純粋にシューティングの楽しみを追求するならこのトリガープルはちょうどいいのではないだろうか。

 

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

M4 ERG用マガジンと互換性のあるマガジンはスプリング給弾式で確実な給弾ができる

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

KSCの隠しロゴはボルトカバーに入れられている。カバーを開くとホップダイヤルへアクセスできる

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

サイクルエンハンサーの調整は専用レンチを使って行なう

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

バッテリーはバッファーチューブに収める必要があるので、サイズに注意が必要だ

 

 

 いかなるシチュエーションにも対応する操作性と発射速度や初速をコントロールできるこのモデルは、従来の電動ガンでは満足できないユーザーでも納得できるエアガンだ。

 

 

KSC「T6 TEGコンパクト」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:553mm/671mm(ストック伸長時)
  • 全高:265mm
  • 全幅:67mm
  • 重量:2,590g
  • 価格:¥39,800
  • お問い合わせ先:KSC

 

 

TEXT:IRON SIGHT
PHOTO:須田壱(スタジオゼット)
MODEL:東城咲耶子
HAIR&MAKE UP:伊達美紀
撮影協力:ビレッジ2

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年4月号 P.72~73より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン4月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事