S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

 

人気の高いカービンモデルがスポーツラインで登場

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

 

●ピンチの中から生まれた傑作銃

 

 G3の後継機種として登場したG36はシンプルなターンボルトロッキングとガスオペレーションのライフルだ。開発の経緯は西ドイツ軍がG3の後継にケースレス弾を発射するG11を計画していたが、G11の開発が中止になったことで急遽新たなライフルが必要となったからだ。

 これに対しH&Kは5.56mm×45弾を使用するHK33を提案したが、ドイツ連邦軍は高い機能性と軽量さを求めていた。そこで開発期間が短くて済むシンプルで信頼性の高い銃をコンセプトとしたG36が誕生したわけだ。

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

 

 

●一番便利な電動ガン

 

 G36シリーズは電動ガンとして非常に優秀な機種だといえる。本体の大部分が樹脂製のため重量は軽く、モノコックボディのおかげで構えても銃が軋むようなことはない。ストックは折りたたむことができ、その状態でも射撃ができる。

 セレクターなどの操作レバーは完全なアンビになっているので利き手も選ばない。多弾数マガジンは470発と装弾数が多く、マガジンが連結できるので場合によってはマガジンポーチすら必要としないのだ。

 

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

レバー類を除きレシーバーの大半が樹脂製になっていて、いくつかのブロックごとに連結されて本体が構成されている

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

キャリングハンドル上部はフラットトップレールになっていて、あらゆるタイプのオプティクスの搭載が可能だ

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

サイドにフォールディングできるスケルトンストックのバットプレートはラバー製

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

ハンドガードにはアクセサリーを付けるポイントがないスタンダードタイプ

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

ハンドガードを外すとバッテリーコネクターにアクセスできる。ハンドガード内部に収まればバッテリーサイズは自由に選べる

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

装弾数470発の多弾数マガジンはサイドのジョイントポイントで連結することも可能

 

 

 特にG36KはM4カービンと同等の長さで汎用性が高い。S&TのG36Kは初心者でも充分に使いこなせるポテンシャルを秘めたお薦めの1挺だ。

 

 

S&T「H&K G36K スポーツライン電動ガンBK」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:618mm/860mm(ストック展開時)
  • 重量:2,325g
  • 装弾数:470発
  • 価格:¥20,500
  • お問い合わせ先:UFC
    wholesale@ufc-web.com

 

 

TEXT:IRON SIGHT
PHOTO:須田壱(スタジオゼット)
MODEL:東城咲耶子
HAIR&MAKE UP:伊達美紀
撮影協力:ビレッジ2

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年4月号 P.76より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン4月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事