【トイガン大賞ピックアップ】タナカSIG P220 IC陸上自衛隊HWガスガンレビュー

 

ディテール、内部メカ、実射性能・・・ノミネートされたモデルの特徴を徹底紹介!

 


タナカ

SIG P220 IC 陸上自衛隊

ヘビーウエイトガスガン

 

DATA

発射方式▶ ガスブローバック

全 長▶ 208mm

重 量▶ 890g

装弾数▶ 20発

価 格▶ ¥26,800

 

フレーム前方まで金属製のシャーシを延ばしたICの採用したP220ガスガンシリーズのヘビーウェイトモデル。一般的なABS樹脂モデルとは明らかに一線を画するシックな質感をもつHW樹脂。全体の重量はカートリッジを装填した実銃とほぼ同じだと言うから驚く。この重量感こそ最大の売り。オモチャ感を払拭する。そしてもう1つ、ズッシリとした重量感は手にガツンとくる硬質なブローバックキックを生み出す。

 

スライド左前方にはライセンス刻印。ミネベア新中央工業の名がある。

 

ICシステムでフレーム前方まで金属製のシャーシが延びている。

 

スライド右には陸上自衛隊を表すマークとシリアルナンバー、製造年月。

 

【アームズマガジンウェブ編集部レビュー】

タナカワークスのライフワークともいえる国産銃器の再現、その中でも自衛隊仕様のP220は長きに渡ってモデルアップが続いている。その間も細かにブラッシュアップが続いており、ヘビーウェイトとなった本モデルでは遂に実銃と同じ重量を手にした。これにより、更に魅力を増したモデルとなったのは言うまでもない。

 

 

TEXT:毛野ブースカ

編集部レビュー:アームズマガジンウェブ編集部

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年3月号 P.55より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン3月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事