【トイガン大賞ピックアップ】KSC ストラックTEGコンパクトレビュー

 

ディテール、内部メカ、実射性能・・・ノミネートされたモデルの特徴を徹底紹介!

 


KSC

ストラックTEGコンパクト

 

DATA

発射方式▶ 電動

全 長▶ 545mm/669mm(ストック伸張時)

重 量▶ 2,940g

装弾数▶ 120発

価 格▶ ¥39,500

 

初 速…… 91.4m/s(0.84J)

集弾性…… 70mm(20m)

 

実銃、エアガンを問わずトレンドとなっているピストルキャリバーカービン(PCC)をモチーフにしたモデル。マガジンハウジング部分を延長し、グリップと一体になったナックルガードを追加した個性的なロアレシーバーが特徴。大型マズルブレーキ、キーモッド仕様のショートレングスハンドガード、アンビコントロールレバー、PDWストック、PTSのEPBUIS、装弾数120発のマガジンが付属している。内部にはTEGの特徴である「サイクルエンハンサー」を搭載している。

 

連射速度を微調整するにはストック固定ネジを外し、付属の調整ツールをスプリングガイド部分に差し込んで設定する。

 

コンパクトな2ポジションタイプのPDWストックはリリースボタンを操作しなくても引っ張るだけで伸張できる。

 

.45ACP弾仕様のグロック用マガジンをモチーフにしたストレートタイプのマガジン。装弾数は120発(スペアマガジンは3本¥4,500)。

 

 

【アームズマガジンウェブ編集部レビュー】

リアリティを最優先するKSC製品にしては珍しく(?)、サバイバルゲームなどでの使用を強く意識したモデルである。流行のPCCスタイルと、KSCらしい連写速度調整機構を備えているのが特徴的だ。コンパクトで取り回しのいいボディには、KSCの新たな野望が宿っている。

 

 

TEXT:毛野ブースカ

編集部レビュー:アームズマガジンウェブ編集部

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年3月号 P.55より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン3月号のご購入はこちら