【中編】2019 MOA EXHIBITION

 

台湾の最新トイガン事情をチェック!

 

【中編】2019 MOA EXHIBITION

 

台湾・台北市で開催される恒例のトイガン&ミリタリーイベント「2019 MOA EXHIBITION」が、今年も台北世界貿易センターで12月13日(金)~15日(日)に開催された。世界で躍進を続ける台湾のトイガンメーカーが集結し、最新アイテムの数々が展示されるこのイベントは、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本を含むアジア各国のトイガン関係者に注目され、昨年よりも規模を拡大。ここでは3回に渡って各メーカーの注目商品をピックアップしよう。

※ご紹介する製品は日本の銃刀法に適合しないものや、日本国内では発売されないものも含まれています。

 

 

MODIFY

 

PP-2K

 

MODIFY   PP-2K

ロシアの9mm×19マシンピストルPP-2000をモデル化したGBB。パワーソースはガスとCO2の両方に対応し、各種オプションやフレームのカラーバリエーションも展開予定だ

 

MODIFY   PP-2K

 

 

NORTHEAST AIRSOFT

 

STEN Mk.2(S)

 

NORTHEAST AIRSOFT   STEN Mk.2(S)

ステン短機関銃のサイレンサー付き特殊部隊仕様をモデル化したGBB。布製バレルジャケットはインドから素材を取り寄せるなど、質感にこだわったのだとか

 

9mm機関けん銃

 

9mm機関けん銃

特に日本人の目を引いていたアイテムがコレ。イメージサンプルはキャロットのTRGだが、同社より発売予定のUZI GBBのシステムを搭載し、製品化を目指している

 

 

LCT AIRSOFT

 

ZKS-74M

 

LCT AIRSOFT   ZKS-74M

AK電動ガン「ZK」シリーズと、各種モジュラーパーツがラインアップする「Z SERIES PARTS」も展開。こちらのストックは前後スライド、チークパッド調整、サイドフォールディングなど多機能なもの

 

LCT AIRSOFT   ZKS-74M

 

 

POSEIDON

 

Cerberus

 

POSEIDON   Cerberus

コンパクトなカスタムM4のGBB。M4スタイルのGBBながらフォールディングストックアダプターによりストックをサイドフォールディング化しているのがすごい

 

JDG Polymer80

 

JDG Polymer80

東京マルイ、VFC、WEの各社グロック17 Gen3に対応したカスタムポリマーフレーム。ストレートグリップで、アンダーレールはピカティニータイプとなっている

 

 

GHK

 

Glock17 Gen3

 

GHK   Glock17 Gen3

とにかくリアルな外観で注目を浴びていたのが、GHKのグロック。スライドとアウターバレルは鍛造スチールからの削り出しで、実銃のように被膜が剥げているのが実にリアル。エキストラクターなども別パーツ化され、トリガープルも実銃に近づけるというこだわりようだ。パワーソースはガスとCO2

 

GHK   Glock17 Gen3

 

 

GBL

 

RPG7

 

GBL   RPG7

こちらはCO2で樹脂製の弾頭を射出できるRPG。試射ブースは大人気で、迫力満点の発射音を響かせていた

 

GBL   RPG7

 

 

SRU PRECISION

 

SR-PDW-K

 

SRU PRECISION   SR-PDW-K

3Dプリンタによる各種外装キットを手掛けるメーカー。こちらは各社のグロックをピストルカービンにコンバージョンできるキット

 

 

HFC

 

HG/HGC 501

 

■HFC   HG/HGC 501

18世紀のフリントロックピストルをイメージして人気を博したガスガンシリーズ。写真は最新のカラーバリエーション

 

 

TEXT:アームズマガジン編集部

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年3月号 P.96~103より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン3月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事