タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

 

P226に続きP220も最新仕様のブローバックに!

 

タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

 

●日本でライセンス生産された自衛隊モデル

 

 昨今の災害出動などでその姿を目にすることが多くなった自衛隊。ひたむきで懸命に活動する姿から、あらためてファンになったという人も多いという。

 そんな人気の自衛隊の装備のひとつ、9mm拳銃がP220だ。SIGザウエルの許諾を受け、日本国内でライセンス生産されている。

 陸上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊で、支給されるモデルの刻印が異なることが知られている。そんな9mm拳銃は、次期制式拳銃がH&KのSFP9(VP9)に決まったということで、今後確実に少なくなっていくであろうことから、逆に注目が集まっているんだとか。これはやっぱり、全種コレクションしておくべき?

 

 

●進化したEVO2ブローバックを堪能する

 

 タナカはまず、P220のガスブローバックから最新仕様にした。そしていよいよ、満を持してモデルガンの自衛隊バージョンも最新仕様のEVO2対応、フレームHW化されることになった。

 

 

タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

“NMB SHIN CHUO”の文字が刻まれている

 

タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

“桜にW”の陸上自衛隊向けモデルの刻印

 

タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

衝撃に強い補強バレル

 

タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

スライドストップが掛かる部分には削れ防止対策が施されている

 

タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

8個の確認孔が開いたリアルなマガジン

 

タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

マガジン底板には“9mm Luger”の文字

 

 

 軽量で腐食に強い硬質アルミ製EVO2カートリッジ、ブラスト処理した特殊軽量スライド、補強バレル、衝撃を吸収するスプリングバッファー付きリコイルスプリングガイド、エラストマー素材のハンマーストップ、スライドストップ溝の削れ防止対策、スチールパーツの防錆処理、ウエイト入りHW製グリップといった最新スペックを盛り込んだ。

 ガンガン撃っても大丈夫。痛快なブローバックを堪能できる。

 

 

タナカ「SIG P220陸上自衛隊 EVO2フレームHWモデルガン」製品レビュー

※写真は試作品です。量産品とは細部が異なる場合があります

 

DATA

  • 全長:195mm
  • 全高:143mm
  • 全幅:35mm
  • 重量:650g(カートリッジ含まず)
  • 装弾数:9発
  • 価格:¥25,800(2月中頃発売予定)
  • お問い合わせ先:タナカ

 

 

TEXT:IRON SIGHT

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年3月号 P.82より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン3月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事