【中編】KRISS Vector vs. MP5/GLOCK GIS Custom/櫻井朋成

その近未来SF的なフォルムもさることながら、“Kriss Super V” システムによりリコイル&マズルジャンプ抑制を追求したSMGクリスベクター。今月はこの銃の9mm×19モデルをメインに、同じく9mmSMGの傑作であるHKMP5Kの民間バージョンSP5K、そしてマシンピストルにカスタマイズされたグロック17GISカスタムを、オーストリア・ウィーン近郊の射撃訓練施設、エーデルワイス・アドベンチャーで撃ち比べた!!

 

【前編】KRISS Vector vs. MP5/GLOCK GIS Custom/櫻井朋成はコチラ!

 


 

HK SP5K

こちらはMP5Kの民間向けとなるセミオート仕様のSP5K。現行モデルで、新型のサイドフォールディングストックを装備している。コンパクトで扱いやすく、ローラーロッキングシステムの信頼性も高い。改めてMP5の優位性を感じた。

 

今回の撮影ではこのクリスベクターと比較するため、H&K MP5の民間バージョンSP5K(いわゆる「クルツ」モデル)とグロック17GISカスタム(いずれも9mm×19仕様でストック付き)を用意。射撃はウィーン近郊のエーデルワイス・アドベンチャーで行なった。ここは主に軍や警察などのプロフェッショナルが訓練に使用している射撃場だ。そのためドアエントリーなど近接戦闘訓練に対応した設備もある。

 

従来型にはバーチカルフォアグリップが付いていたがこれを握る手が銃口に近く危険なため、このSP5Kではマズルを覆う長さのハンドガード(ハンドストッパー付き)を備えている。

 

こうしたシチュエーションでクリスベクターとSP5Kを使ってみると、クリスベクターの重さが気になった。どちらも重量は2.5kg前後とさほど変わらないはずだが、クリスベクターは前方が重いことから構えた銃に何かがぶら下がっているような感覚があり、バランスの悪さを感じた。

 

GLOCK17 GIS Custom

グロック17Gen2にハンガリーのGIS tactical製フォールディングストックを装着した要人警護向けのカスタム。ストックを折り畳んだ状態。

 

スライド後部のパネルをGIS tacticalのセミ・フルセレクターに交換することで、フルオート射撃が可能となる。コッキングハンドルも付いており、セレクター操作もグリップした親指で操作するだけと、操作性が高い。

 

ストックはロックを解除し、下に180度回転させることで展開される。ウエイトはシューター寄りなので取り回しは楽だし、ストックを展開すれば安定した肩付け射撃ができる。

 

【アームズマガジンウェブ編集部レビュー】

今回の実射でKriss Vectorの向こうを張るのは、近代SMGの元祖ともいえるMP5の民間バージョンと、GLOCK17カスタムだ。特にグロックカスタムはフルオート可能となっているのが非常に興味深い。これらのモデルを撃ち比べると、どういう評価が下されるのだろうか?次回の後編では、実射シーンを公開!

 

 

TEXT & PHOTO:櫻井朋成(Tomonari SAKURAI)
編集部レビュー:アームズマガジンウェブ編集部

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年2月号 P.126-133より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン2月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事