東京マルイ「MTR16 Gエディション」製品レビュー

ゴールドパーツがレーシーさを際立てる

 

スタイリッシュな外観は最新M4カービン好きでも納得できる出来映え。見た目だけではなく操作性にも優れている。

 

 

随所に最新のM4カスタムのトレンドが凝縮された東京マルイのオリジナルのM4カスタム「MTR16」のバリエーションとしてリリースされるGエディション。MTR16とは「マルチ・タクティカル・ライフル・16インチ」の略称で、フルート入り16インチアウターバレル、マガジンキャッチやセレクターレバー、トリガーなどのスモールパーツ、ボルトキャリアといったパーツがゴールド仕上げとなり、よりレーシーな雰囲気を漂わせている。

 

デザイン性と実用性を両立させたバーチカル(垂直)タイプのグリップ。

 

右側のパドル式ボルトキャッチは下げるとボルトがリリースされる。マガジンキャッチヘッドも大型化されている。

 

ゴールドカラーのストレートトリガー。トリガーガードはワイドタイプが付属。

 

MTR16を象徴するカスタムパーツであるトランスフォームストック。

 

 

DATA

全 長▶ 837mm/919mm(ストック伸長時)

重 量▶ 2,677g

装弾数▶ 20発

価 格▶ 69,800円

お問い合わせ先▶ 東京マルイ 

 

【アームズマガジンウェブ編集部レビュー】

エアソフトガンのオリジナルデザインながらも、高い性能と使いやすさで人気のあるMTRは、ハンドガンでいえば「ハイキャパ5.1」のような存在だ。奇しくもハイキャパにも「ゴールドマッチ」という、このG-エディションに相当するモデルが存在するが、決して偶然の一致ではないだろう。単なるドレスアップモデルではないことは、一度撃てば体感できるだろう。

 

TEXT:毛野ブースカ
編集部レビュー:アームズマガジンウェブ編集部

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年2月号 P.46-47より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン2月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事