DOUBLE BELL「AR-15 TTI-TR-1タイプ」「HK416A5 リアル刻印」製品レビュー

 

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』に登場したAR15を再現

 

DOUBLE BELL「AR-15 TTI-TR-1タイプ」

 

 3ガンマッチなど数々のシューティングマッチで優勝してきたタラン・バトラーが監修し、タクトレ系カスタムのトレンドと成りつつあるタラン・タクティカル・イノベーションズ(TTI)製のM4カービンがTR-1だ。

 

 

DOUBLE BELL「AR-15 TTI-TR-1タイプ」

▲AR-15 TTI-TR-1タイプ ブラック

 

 

 DOUBLE BELLのTR-1はTTIをはじめVLTORやBCMなど実銃で使用されるパーツごとにブランドロゴがマーキングされ、タクティカルライフルの雰囲気を再現。BCMタイプのハンドガードは独自のデザインとなっているが、映画版のキーモッドハンドガードとの違いをうまくカバーしている。

 フラッシュハイダーやCTRタイプストック、マガジンバンパーなどTR-1の特長を上手く取り入れているマッチシューターやタクティカルトレーニングにうってつけの電動ガンだ。

 

 

DOUBLE BELL「AR-15 TTI-TR-1タイプ」

ハンドガードはM-LOK仕様。5スロットのレールセクションが付属されている

 

DOUBLE BELL「AR-15 TTI-TR-1タイプ」

パーツセレクトは実銃のTR-1に準じており、それぞれのメーカーロゴがパーツに施されている

 

DOUBLE BELL「AR-15 TTI-TR-1タイプ」

マガジンのベースプレートは金属製でウエイトも兼ねているので、マグリリースボタンを押せばマガジンは自重で落下する

 

DOUBLE BELL「AR-15 TTI-TR-1タイプ」

ストックはマグプルCTRタイプがチョイスされている

 

 

DOUBLE BELL「AR-15 TTI-TR-1タイプ」

▲AR-15 TTI-TR-1タイプ TAN

 

DATA

  • 全長:630mm/720mm(ストック伸長時)
  • 重量:2,440g
  • 装弾数:300発
  • 価格:ブラック、TANともに¥33,800

 

 


特殊部隊御用達のHK416の最新版

 

DOUBLE BELL「HK416A5 リアル刻印」

 

 ドイツ軍で採用されたG28の特徴を取り入れ、より使いやすくなった最新のHK416がHK416A5だ。

 

 

DOUBLE BELL「HK416A5 リアル刻印」

▲AR-15 TTI-TR-1タイプ TAN

 

 

 ガスレギュレーターの追加、薄型ストック、ワイドトリガーガードの採用が大きな変更点。アンビインターフェースにマガジンハウジングの形状をM4と同じ角度に変更したことで、一部の使えなかったマガジンも使えるようになり幅広いSTANAG規格のマガジンに対応できるようになった。

 DOUBLE BELLのHK416A5は上記の特長をすべて網羅。カラーもブラック以外にもRAL8000というHK専用のDEカラーまで再現している。HK416好きなら見逃せない1挺だろう。

 

 

DOUBLE BELL「HK416A5 リアル刻印」

4面レールのハンドガードのこれまでの7インチ長から9インチ長に延長され、拡張性が上がった

 

DOUBLE BELL「HK416A5 リアル刻印」

大型化されたレバー類と誤作動を防止するガードなどがA5の特長。レシーバーのロゴやマークはもちろん専用カラーのRAL8000もリアルに再現

 

DOUBLE BELL「HK416A5 リアル刻印」

オーバーサイズのピストルグリップは使い勝手がよく、強く握る必要がない。アンビセレクターはライブで可動

 

DOUBLE BELL「HK416A5 リアル刻印」

最新のA5ストックはスリムな形状だ。バットプレートのパターンも独特で滑り止めの効果も高い

 

 

DOUBLE BELL「HK416A5 リアル刻印」

▲AR-15 TTI-TR-1タイプ ブラック

 

DATA

  • 全長:805mm/865mm(ストック伸長時)
  • 重量:3,000g
  • 装弾数:300発
  • 価格:ブラック、TANともに¥36,800

 

 

  • お問い合わせ先:グローバルトレーディング
    TEL:06-6646-0750

 

 

TEXT:IRON SIGHT

 

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年2月号 P.82より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン2月号のご購入はこちら