S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

 

ベレッタの次世代を担うアサルトライフルが電動ガンで登場

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

 

 

●ベレッタの最新マルチライフル

 

 イタリア軍のAR70/90の後継として、ソルダートフトゥーロ計画(イタリア版フューチャーソルジャー)に基づいて開発された。本体の大部分をポリマー製とし、エルゴノミクスに基づいたデザインになっている。ARX160は高度にモジュラー化されており、マルチキャリバー設計で小口径から大口径まで対応可能なプラットホームを持つ。

 

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

▲ARX160 ブラック

 

 

 ブルパップライフルで見られる排莢方向を左右にスイッチする機能も有する完全なアンビ仕様。他にもピンフリー設計のため分解・メンテナンス性が向上し、機関銃に見られるクイックチェンジバレルを採用するなど、既存の銃の長所が上手に採用している。

 

 

●ブローバックユニットが追加された電動ガン

 

 この最新アサルトライフルをS&Tが電動ガンで再現。全体のフォルムは大型なのだが、グリップやハンドガード部が絶妙にシェイプされている。

 

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

扱いやすい形状でデザイン的にもレシーバーに溶け込んでいる操作レバー類。セレクターは最大45度で切り替えられる

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

専用ハイダーの後ろにあるスイベルはスイングするので左右どちらでも使用可能だ。バヨネットラグが上に配置された独自設計も再現された

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

ストックはサイドに折りたたむことが可能だ。この状態でも射撃にはいっさい支障が出ないように設計されている

 

 

 人間工学に基づいた一体型のレシーバーは構えた瞬間から自然なフォームになる優れた設計だ。むしろ操作レバー類がよく考えられた位置に配置され、適度に大型化されているので目視しなくても操作が可能。トップレールにはあらゆるタイプのオプティクスが搭載できる。

 

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

トリガーガード下部に配置されたレバーはマガジンキャッチとボルトリリースレバーを兼ねている

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

電動ガンのステアーAUGと同様にレシーバーのロックボタンで簡単にバレルASSYを引き抜くことができる

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

ストックチューブ内にバッテリーを収納する。スペースが限られているので注意が必要だ

 

 

 実射性能は良好でブローバックユニットが入っているとは思えないほどサイクルも速い。ボディーの大部分が樹脂製のため、軽量でサバイバルゲームにも使いやすい。S&TのARX160は最新アサルトライフルの名に恥じない完成度を有している。

 

 

S&T「ARX160 CQB 電動ブローバック」製品レビュー

▲ARX160 CB

 

DATA

  • 全長:710mm/775mm(ストック伸長時)
  • 重量:2,910g
  • 装弾数:300発
  • 価格:ブラック、CBともに¥32,800
  • お問い合わせ先:UFC
    wholesale@ufc-web.com

 

 

TEXT:IRON SIGHT
PHOTO:須田壱(スタジオゼット)
MODEL:松嶋えいみ
HAIR&MAKE UP:伊達美紀
撮影協力:ユニオンベース

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年2月号 P.78より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン2月号のご購入はこちら