タナカ「三八式歩兵銃 Ver.2」製品レビュー

重厚感溢れるグレースチール仕上げと高い実射性能を得てグレードアップ

 

 

 タナカのラインアップの中でもフラッグシップモデルといえば三八式歩兵銃だ。ガスマガジンタイプのガスガンとモデルガンがあり、特にガスマガジンタイプのリアルなボルト周りの形状と軽快なボルトの操作感から発売以来多くのマニアの支持を受けている。撃つだけではなくボルトを操作する楽しみがあるのもガスマガジンタイプの醍醐味だ。

 そんな三八式歩兵銃のガスガンにVer.2がラインアップされた。同社のガスマガジンタイプのボルトアクションライフルシリーズのVer.2化は初となる。着脱式マガジンにガスタンクとガス放出バルブを設けるシステムを導入し、ガスボルトアクションライフルの常識を打ち破ったガスマガジンタイプ。Ver.2化よりガス効率が見直され、今まで以上に手応えのある撃ち応えを実現している。
 実射性能だけではなく表面仕上げもグレードアップ。バレルやレシーバー、ボルトなどの主要パーツは当時の錆防止を目的とした青黒い鉄染めをイメージしたタナカ独自のグレースチールフィニッシュ。実銃と同じ合わせ式のストックは木目を際立たせて経年変化による渋みを再現したブラウンフィニッシュ。さらにボルトやボルトハンドル、セーフティは初期型に見られる「白磨き」を再現したシルバーメッキフィニッシュ。手にした時の重量感、木製ストックならではの温かみのあるフィーリングも申し分ない。マニアならぜひ手に入れておきたい逸品だ。

 

グレースチール仕上げのスリムなバレル。フォアエンドはマズル付近まで延びている

 

倒した状態でも照準可能なラダータイプのリアサイト

 

レシーバー上面には実銃同様に「三八式」の刻印と菊花紋章が刻まれており、2つの穴は異常砲圧時のガス抜き用の穴だ

 

レシーバー左側の刻印。左から○で囲まれたカタカナ(=ラ)はいろは順で製造ロットを示し、シリアルナンバー、小倉工廠製であることを示すマークが刻まれている

 

グレースチール仕上げのレシーバーと白磨き仕上げを再現したボルト。実銃は鋼鉄製のボルトを磨き上げたものだったため美しい反面、錆びやすかったという

 

ボルトをオープンさせたところ。金属質な操作音とともに実銃のようにライトで操作感が味わえるのがガスマガジンタイプの魅力だ
 

マガジンを抜き、レシーバー左側にあるボルトストップを引きながらボルトを後退せると実銃同様にレシーバーから取り出せる

 

湿気などによる反りを防ぐために上下で異なる木目を組み合わせた「合わせ式」が再現されたストック
 

マガジンハウジング前方にホップアップ調整用のスクリューが設けられている

 

軍用銃らしいがっしりとした形状のトリガーガード内側前方にあるのがマガジンキャッチだ

 

ガスタンクとガス放出バルブが設けられた着脱式マガジン。装弾数は10発

 

DATA

  • 全長:1,280mm
  • 全高:180㎜
  • 全幅:99㎜
  • 重量:3,450g
  • 装弾数:10発
  • 価格:¥98,000
  • お問い合わせ先:タナカ

 

TEXT:毛野ブースカ

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事