KRYTAC「TRIDENT MK2 PDW-M」製品レビュー

 

M-LOKハンドガード&新型マガジンを採用したPDWが登場

 

KRYTAC「TRIDENT MK2 PDW-M」製品レビュー

 

 実銃メーカーKRISSのエアガンブランドであるKRYTACのTRIDENTシリーズに「MK2 PDW-M」が登場する。

 ショートレングスのTR205 M-LOKハンドガードに、工具不使用でバッテリー交換可能なKRYTAC GEN2コンパクトカービンストックを採用。さらに装弾数150発のスプリング給弾式・新型マガジンが標準装備される。

 PDWはシリーズの中でも人気が高いモデルだけに注目が集まりそうだ。

 

 

KRYTAC「TRIDENT MK2 PDW-M」製品レビュー

即座に展開可能なクイックプル2ポジションストック

 

KRYTAC「TRIDENT MK2 PDW-M」製品レビュー

KRYTAC初となるスプリング給弾式マガジンは側面に残弾確認孔が付いている

 

 

KRYTAC「TRIDENT MK2 PDW-M」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:533mm/609mm(ストック伸張時)
  • 重量:2,400g
  • 装弾数:150発
  • 価格:¥46,800(2019年12月末発売予定)
  • お問い合わせ先:ライラクス

 

 

TEXT:毛野ブースカ

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年1月号 P.23より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン1月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事