装備

2019/12/15

ザ・LEって色合いのアーマーだぜ【一番星の中の人によるギアレビュー】

「月刊アームズマガジン」編集部のsakayaがおくる『一番星の中の人によるギアレビュー』。サバゲ野郎一番星の中の人であるsakayaが毎月自前のギアを紹介していく本コーナー。今月はLE御用達カラーのアーマーを紹介していくぜ。最近でこそMulticamの上下にJPCを装備した、ミリタリーと見紛うばかりの法執行機関特殊部隊も目にするが、やはりLEといえばこのレンジャーグリーンだよな。

 

EAGLE INDUSTRIES UAV
問:SPECTRE SIGNS GEAR


今回取り上げるのはU.S.MARSHALが採用しているEAGLE INDUSTRIES製のUAV(URBAN ASSAULTRES VEST)さ。国内での流通は少ないが、SPECTRE SIGNS GEARでも取り扱っている。人気商品なので、入荷後すぐに売り切れてしまうこともあるそうだ。まめにWEBサイトをチェックしよう。


さて、カマーバンドが3種(ロング・ショート・ファステックス)あり、好みで組み替えられるのが特徴でもあるんだ。試しに3パターン組んでみたので、確認していこう。

 

(カマーバンド・ロング)

ロングにすると、フロントフラップのベルクロでべりべりする感じになる。

 

(カマーバンド・ショート)

ショートにすると、両脇のMOLLEストラップが開閉する感じだな。

 

(カマーバンド・ファステックス)

この場合はファステックスで解除できるからスムーズといえばスムーズだ。

 

とまぁ、組み立てるとこのような感じになる。ちなみにMARSHALでの一番人気はショートなんじゃないかと推察するぜ。オレもショートにいろいろ装備して使っているんだ。クイックリリース機構が備えられているし、パッチスペースが独特なので、前回紹介したUS マーシャルパッチが似合いそうだよな。

 

PHOTO:U.S.MARSHAL

 

右の女性が装備しているのもUAVで、クイックリリースのタブが左脇にきている。このパーツは組み立て時に左右どちらにも変更可能なんだぜ。しかし、胸のずいぶん高い位置にX26テーザーガンのホルスターが配置されているよな。ハンドガンと違ってドロウしにくそうだ。

 

ちなみにUAVは分解された状態で届く。こいつを組み立てるのはちょっと骨が折れるんだが、その組み立て方が掲載された「ミリタリーギアカタログ2020」が1月16日(木)に発売予定なんだ。よかったらそっちもヨロシクな!
 


【プロフィール】

sakaya(酒屋) 

sakaya

 

かつてはサバゲ番長、現在はサバゲ野郎一番星のなかのひと。

アームズ編集部でも無類のナイロン好き。

業界で一等輝く一番星になる日を夢見て、西へ東へ。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事