2020/01/10

【一人語り】気になる!タナカワークスブログ

あっ!うっかりしてた!

 

新年、明けましておめでとうございます。

本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

実は先日編集長から直々のオファーを頂戴しまして。

2019年のベストワンを決める的な。

「トイガン大賞」でございますね。

 

いやーこれ、悩んだ悩んだ。

昨年も色んなモデルが世に放たれて、

それぞれの世界を構築していたわけでございますよ。

 

んで、非常に個人的な事情で恐縮なのですが、

サバゲーにゃどっぷり浸かってるんでございますが、

その反動でしょうか、モデルガンが恋しいのであります。

 

そんな中、昨年末よりアームズマガジンウェブのブログに加わりました、

タナカワークスさんのブログ。

これがまためっちゃ面白い。

 

例)

https://hobbyjapan.co.jp/armsweb/blogs/tanaka_works_blog/493.html

 

思わずね、一覧用の画像をタナカさんのHPから勝手に切り貼りしちゃうくらい。

今やリボルバーといえばタナカという位の存在ですが、

わたしゃモデルガンを強く推したい!!

 

あるとき、編集部の撮影室にて。

毛野ブースカ師匠が一挺のM9を手にしていたんです。

わたくしもM9大好きでして、食い入るように見つめたのです。

モ「こりゃMGCですか?」

ブ「タナカです」

モ「!!!!!」

いやーたまげました。

そのM9は、1990年代にMGCが製造していたものとうり二つだったのです。

 

高い再現性と実射性能を両立した、非常にエポックメイキングなモデルガン。

双璧をなすマルシン製の92Fと共に、モデルガンの一時代を築いたといえるでしょう。

マルシンは今でも生産が続いているので入手可能ですが、MGCは活動停止。

もはやあのM9は中古でしか・・・と思っていたら!

タナカがまさかの!リバイバル!!

しかもパラカートですよ。

 

タナカといえば、パラカート。

これを引っさげて登場したグロック17は、

わたくしの中でモデルガン部門1位の座に居座り続けております。

 

(続く)

ブログ情報

INFORMATION ブログ情報

ちなみに、しゃべりたがりなモロ☆ですが?

  • 住所:東京都渋谷区代々木2丁目15-8
  • 電話番号:03-5304-7603