2020/06/15

【サバゲー動向】コロナ影響下でのサバゲーフィールドの取り組み

皆さま、こんにちは。こんばんは。

モエガミです。

 

コロナ影響下、サバゲー・ミリタリー業界も多くの影響を受けていました。

私も3月~全国の自粛が解除されるまで、自宅にこもりきっており、リモートワークがメインになっていました。

 

久々の今回は、コロナ影響下で、再開に向けてサバゲーフィールドがどのような対策をしてサバゲーマーを迎えているのかなどを題材にお話をしたいと思います。

 

私の主観が毎度盛りだくさんのため、緩い感じで読んで頂ければ幸いです。

 

モエガミ

 

サバゲーフィールドでは、来訪するサバゲーマーが安心して遊べるようにコロナに対していくつか対策を行なっている。ココでは、インドアのサバゲーフィールド(スタジオ)を展開しているBravePointさんを例にその対策について伝えていきたいと思います。

 

ブレイブポイント

 

①ハンド用の消毒スプレーを設置

まず最初に目についたのはハンド用の消毒スプレーだ。来場した際は全員、消毒スプレーを手に振りかけて入ることになっている。

ブレイブポイント

 

②体温測定器

受付の際にひとりずつ、体温測定器で体温を測るようになっているのも印象的だ。体温が37.5度以上の人は、入場ができない仕組みになっている。

ブレイブポイント

 

③扇風機の稼働や空気清浄機の設置

インドアならではのところもあるのだろう。空気が循環するように扇風機が複数台稼働しており、また空気清浄機もフル稼働をしていた。ドアも開放されており、空気の通りがよくなっている。

ブレイブポイント

 

ブレイブポイント

 

④各テーブルは3名まで

座席については、各テーブルが通常だと6人掛けのところ、3人掛けになっており、入場制限を90名から45名の半分にして営業をしている。売上は下がるが安全第一を考えての営業となっている。

 

ブレイブポイント

 

いかがでしたでしょうか?

 

こちらのサバゲーフィールドさん以外のサバゲーフィールドさんも安全対策をしっかりと行なっています。参加される方はサバゲーフィールドさんの取り組みに協力をしつつ、先々の未来について、よりサバゲー業界を盛り上げていくにはどうすれば良いのかなど、一緒に考えて楽しんで頂ければと思います。

 

[サバゲーフィールドさん紹介]

今回、例として紹介させて頂いたインドアのサバゲーフィールド(スタジオ)を展開しているBravePointさんでは、サバゲーを楽しむ人を増やすための取り組みを行なっている。コロナの影響下でも安全に楽しめるように取り組んでいる場所のひとつなので、サバゲーに興味がある方は、体験しに行っても良いだろう。

 

ブレイブポイント

 

▼BravePointの初心者限定のサバゲー会の詳細はコチラ

http://ur0.work/YP20

 

BravePoint埼玉上福岡店

https://saitama.brave-point.jp/


[関連記事]
↓過去の掲載記事はこちら

https://hobbyjapan.co.jp/armsweb/blogs/MOEGAMI/

 


[プロフィール]

モエガミ
2014年1月よりサバゲーマー「モエガミ」として個人活動開始。普段は企業ソルジャー、変身するとSF・ARMORソルジャー。数多くのサバゲーイベントを主催、協力。サバゲーラジオでのRadio Personalityを務める。

 

▼HP

http://moegami.jimdo.com/
▼twitter

https://twitter.com/halo_of_japan
▼instagram

https://www.instagram.com/moegami_halo_of_japan/
▼Youtubeチャンネルも稼動開始!
気になる方はこちら

 

<YouTube放送>
サバゲ―ラジオ

 

<キャラクター出演>
漫画「DANGAN GIRL」

 

サバゲ―アメコミ、グッズ創作・販売など活動の幅を広げている。

ブログ情報

INFORMATION ブログ情報

モエガミが見るトイガン・サバイバルゲーム業界

SHOP PR

サバゲーマーであるモエガミが普段の連載で書ききれないあれやそれを書いていきます。
  • 住所:東京都渋谷区代々木2丁目15-8
  • 電話番号:03-5304-7603