ウォーハンマーRPG/Novel 日本語版ウォーハンマーRPG / ウォーハンマーノベル
Japanese contents by HobbyJAPAN


製品ラインナップ

オールド・ワールドの生物誌

オールド・ワールドの生物誌

B5ソフトカバー 128ページ 定価3,000円+税
ISBN 4-89425-552-4  (2007年4月20日)


モンスター百花繚乱

『ウォーハンマーRPG 基本ルールブック』は、危険な冒険に満ちた暗鬱な世界への登竜門である。『オールド・ワールドの生物誌』によって、危険はさらに命取りに、人々を脅かす敵はさらに多種多様なものとなる。ナイト・ゴブリンやサヴェッジ・オークから、ワイヴァーンやドラゴン・オウガまで。オールド・ワールドに棲息するありふれたモンスターから、珍獣までを網羅した、まさしく必携書なのである。『オールド・ワールドの生物誌』には、GMとプレイヤーの双方にむけた情報が満載されている。


オールド・ワールドの生物誌 目次

生物誌 目次・はじめに
(1.3M/PDF)


オールド・ワールドの生物誌「災いなす獣の書・善美と下劣の生き物類考」

生物誌P5〜P6「災いなす獣の書・善美と下劣の生き物類考」
(1.32M/PDF)

  • 災いなす獣の書〜善美と下劣の生き物類考。ヴュルトバッドのオドリックによって書かれ、発禁となった書物。オールド・ワールドの各種モンスターに関する、数百もの目撃談や逸話からなっている。
  • プレイヤー向けに、各モンスターが、「世間の見方」、「学者の見地」、「やつらの言い分」の3つの観点から解説される。
  • GM用のゲーム・データ。各モンスターについて平均的な個体のデータが用意され、すぐさま君のキャンペーンに導入可能だ。
  • 屠殺容易度。各モンスターの戦闘での手強さが、これによって一目瞭然となる。
  • モンスター用の新しい異能群。《悪魔のオーラ》や、《圧倒的膂力》などがある。
  • 拡張版混沌変異表。各種のディーモンや、混沌の信奉者らに適用可能だ。

『オールド・ワールドの生物誌』は、『ウォーハンマーRPG』を見事に補完するものだ。GMの手の内には新たなるトリックの数々を付け加え、プレイヤーにとっては、オールド・ワールドの迷信や伝説への貴重な手引書となるものなのだ。

危険な冒険が待つ濁世へようこそ


»購入後のサポートは次のページへ