里見孝太郎 急に決まった父親の転勤のため、高校入学時から1人暮らしを始めることになった元野球少年。母を事故で失っており、その経験のためか他人には優しいがあまり人に頼ろうとはしない。父親の負担を軽くするため、家賃五千円といういわく付きの格安物件《ころな荘一○六号室》に引っ越しを決めたが、そこには様々な問題が待ち受けていた——!
HJ文庫
 

©takehaya