イラストストーリー コミック&WEBドラマ
お店の紹介 メイドさんの紹介 おしらせ

ユキ「や…やっぱダメっ! オレやっぱりやめるっ!」

ナオ「ダ、ダメだよユキっ。もう開店の挨拶する時間だよっ?」

ユキ「だって! こんなっ…みじけースカートで歩いたら…その…
   パンツも何もかんも、丸見えじゃねーかよ…っっ」


ナオ「もう…約束したじゃないユキっ。
   学校がおやすみの日は、こうやってみんなで揃って、
   『ご主人様』たちをお迎えするんでしょ?」


ユキ「その『ご主人様』ってのやめろっ! 百歩譲って『お客様』だっ!
   オレは…そ…その…、
女装したオトコなんて見に来て喜んでるようなヤツらのことっ、
   ご主人様なんて呼ぶ気ないからなっ!」


トモ「自分だってその『女装したオトコ』だろ?ユキ。
   よく似合ってるよ、その制服」


ユキ「なんだとっ!?
   …っつーか弟のお前が兄のオレを呼び捨てにするんじゃねーっ」



そう、このお店のメイドさんはみんな男の子…
「cherry girls」は、店主の息子兄弟が女装して給仕する
女装メイド喫茶だったのです!

お客様――ご主人様をお迎えするのは、
長男の「ナオ」、次男の「ユキ」、三男の「トモ」、そして末っ子の「リオ」です。



ナオ「ホントに♥ よく似合ってると思うな…黒がかっこよくて素敵♥
   ユキはいいな、こういうのが似合って…」


ユキ「(…………ドキ!…………)
   オオオオオオオレは何も
好きこのんでこんなカッコしてるわけじゃじゃじゃじゃじゃ」


リオ「あははは♥ ユキ兄テンパっちゃってかーわいい☆
   それにそれに、一番かわいいのはリオだよね? おねーさまっ☆」


ナオ「ふふ♥ そうだねリオ……
   でも『おねーさま』じゃなくて『おにーさま』ね?」


ユキ「…ナオ兄が普段からオンナみたいなカッコしてるからだろ」

トモ「まあ、どれもこれも僕がデザインした衣装だから当然だが――
   それともユキは、自分の容姿に自信がないのか?」


ユキ「は!? ど、どーいう意味だよそれっ?」

トモ「その格好をした自分に自信がないんだろう?
   だからお客の前に出るのが恥ずかしいわけだ…
   オトコなら、パンツ見られたり脚を見られたりしても
恥ずかしいわけないものな?」


ユキ「うっ… ば、ば、ばっかじゃねーのっ!!?
   別に脚見られようがパンツ見られようが恥ずかしくもなんともねーよっ!
   オレはオトコだからなっっ!!」


トモ「なら――その衣装にも問題はないよな?」

ユキ「あー、問題ねーよっ!
   スカートでもなんでも好きに覗けってんだ」


トモ「……単純なヤツ」

ユキ「聞こえたぞ!?
   お前はいつもいつも弟のクセに~~っっ!!」


ナオ「もーっ! ふたりともケンカはやめなさいっ!
   お兄ちゃんの言うこと聞けないのっ?」


ユキ「う…」

トモ「………」

ナオ「みんなで一緒にがんばろう?
   このお店はパパとママの大事なお店なんだから、
   ボクたちでがんばってもり立てていかなくちゃっ」


ユキ「その手段がどーして、
   息子の俺たちが『メイドのカッコして接客する』って方向に行ったんだよ…
   つぶれかけた店を盛り上げるなら、他にいくらでも方法があったろっ」


ナオ「えーと…ママが『しましょ♥』って言ったからかな♥」

ユキ「かーさんが『死ね』って言ったら死ぬのかナオ兄はっっ!!」

リオ「んもー! ユキ兄もトモ兄もダダこねるのはおーしーまーいー!
   もうお店開けなきゃいけない時間だよっっ」


ユキ「…しょ…しょーがねーなっ」

トモ「――僕だって、別にケンカするつもりはない」

ナオ「はいっ♥ それじゃあみんな並んで並んで…
   ほらユキ♥ 恥ずかしがらないでもっとくっつくのっ♥」


ユキ「わ、わーってるよっ!
   (うわ…ナオ兄、すげーいい匂い…)」


ナオ「それじゃあご挨拶するよ?
   せーの…」


おかえりなさいませ! 『CherryGirls』へようこそ!


Image