イラストストーリー コミック&WEBドラマ
お店の紹介 メイドさんの紹介 おしらせ

よりぬきオトスキさん
イラストストーリー第22話 ~Ep.03~

どたんばたん。
試着室の中は、上へ下への大騒ぎ!
――しかしナオくん、ユキくんの心配ばかりしていて、いいんですか? オトコのコだってバレて困るのは――ユキくんだけではないのでは?

あの~、お客様……
どうかなさいましたか?


ナオユキ「「え!!?」」

思わず、むぎゅっ♥と抱きしめあってしまうふたり。
ドタバタを聞きつけて、店員さんが声をかけてきたのです!


ユキ「どどっ、どうするナオ兄!?」
ナオ「大丈夫だよ、ボクが話すからっ――
  あの~、うるさくしてゴメンなさいっ。
  ちょっとブラのサイズが合わなくて……」


慣れた様子で店員に応対するナオくん。しかし店員さんの返答は思わぬもので……。
でしたら私がサイズを測って差し上げますね♪

ナオユキ………ええ???

ピシッと固まってしまうふたりの前で、開かれるカーテン。その正面に立っていたナオくんは、店員さんに見られてしまったのです。。
外れたブラからポロンとあふれた、
オトコのコおっぱいを――――!!!





ユキ「ナ、ナオ兄っ……!!」
ナオ「…わ……、わ、わっっ……」

「え……、え……!? オ、オトコのヒト……?」
目を丸くする店員さんを前に、ユキくんは慌てて外しかけたブラでナオくんの胸を覆い隠します。

ユキ「ナ、ナオ兄ぃ~~!?」
ナオ「あ、あのっ、ボク…いや私、
  ……オンナのコ…ですよ……」


「しっ……失礼いたしま…した」
詫びつつもナオくんの胸から目を離せない店員さん。その視線を感じ、ナオくんは恥ずかしそうに身をよじらせます。




ナオ「そ、その……ボク……
  とっても……ムネ、ちっちゃいから……」


「あぁ…いえっ……申し訳ありません」
やはり店員さん、どこかまだ納得できない様子。
「――では、ブラのサイズ、お測りいたしますね」

ナオ「わ!? ダ、ダメですっ!
  触っちゃダメですっ!!」



<前へ 1 2 3 4 次へ>