イラスト・マンガ・絵画の描き方ならホビージャパンの技法書

  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .

やさしいコピック入門 コピックチャオ20色あればなんでも描ける!!

コピック20色でなんでも描ける!

著者
すーこ 著/角丸つぶら 編集
ジャンル
コピック
シリーズ
PICK UP! イラスト・マンガ技法書シリーズ
出版年月日
2021/3/19
ISBN
9784798624549
判型・ページ数
B5変
定価
2310円
  • 購入はこちら
  • ちょこっと立ち読み

デジタル時代だからこそ注目されるアナログ画材があります。その中で抜群の人気を誇るのが、アルコールマーカーのコピックです。塗り絵にも、可愛いリアルなイラストを描くのにも、早描きにもじっくり描き上げるのにも、便利で欠かせない存在です。
コピックは色の多さが売りですが、あえて20色のみに絞ってもこれだけの色幅が出せるのか、きっと驚きの連続となるでしょう。そういったイラストを描くためには、やはりコピックのどこまでも基本的な使い方と、ちょっとした混色・重色の知識と工夫が必要です。本書は、混色の原理に精通したコピック作家すーこ氏による一冊丸ごとの技法書なので、解説にブレがありません。何度読み直しても納得のいく夢のようなコピック入門書です。

 

【コンテンツ一覧】
1章 画材と基本技法に強くなろう
混色・重色の組み合わせを考えて、選び出した20色の紹介と、なぜわずか20色で何でも描けるのか、また、コピックのE(アースカラー)は、固有色からカゲ色表現までなぜこんなに便利な色なのかを解説。

 

2章 フルーツや野菜を塗ってみよう
フルーツ表現の基本となるのは何と言ってもリンゴだろう。単純化したリンゴからリアルなリンゴまで、丸ごと、半分、1/4、1/8とカットしたリンゴの描き方を紹介する。下塗りから順にグラデ塗り、重ね塗りしていく手順を、光とカゲ表現に分けて解説する。同様に、さまざまなフルーツや野菜の質感表現と描き方も紹介する。

 

3章 器物とそれに乗ったものを描いてみよう
スプーン、フォーク、ナイフなどの金属製品から始まって、ガラス器、陶磁器などの食器類を描く。器物の質感表現ももちろんのこと、ガラスボウルに盛られたサラダや茶碗に注がれた紅茶、ガラス容器に入ったハチミツ、皿の上の目玉焼きまでも、描き方のコツが詳述されている。

 

4章 スイーツを中心に描いてみよう
トースト、パンケーキ、モンブランなどのスイーツを描く。そしてすーこ氏の代表的な過去作のスイーツ部分を、限定20色で再現してみる。手順はわかりやすく下塗りから始まって、同じように平塗り、グラデ塗り、重ね塗りしていく。

 

5章 キャラクターのいるシーンを描いてみよう
キャラを描く手順は①髪、②肌、③目、これがすーこ式独自のキャラの描き方だ。描き方のヒントはいっぱいある。さらにキャラに着ける輝く宝石(ブリリアンカット)の描き方は見事。描き方に法則があるので参考になる。

 

付録
本書に紹介されたイラストの線画を掲載しているので、コピーして塗り絵に使ってください。また、キャラ衣服のフリルの線画を描く要領を説明しています。宝石(ブリリアンカット)の線画の描き方も説明しています。

タグ検索