イラスト・マンガ・絵画の描き方ならホビージャパンの技法書

  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .

ありのままに描く人物画 三澤寛志の油絵と水彩、その絵づくりのすべて

画家・三澤寛志の45年間にわたる「絵画との格闘」の記録!

著者
三澤寛志 著/角丸つぶら 編集
ジャンル
水彩 人物画 画集 油絵 アナログ
シリーズ
PICK UP! ファインアートシリーズ
出版年月日
2018/7/20
ISBN
9784798617213
判型・ページ数
ABワイド
定価
本体2400円+税
  • 購入はこちら
  • ちょこっと立ち読み

油絵や水彩による人物画創作のほか、ピクシブでおなじみの人体講座、東方プロジェクトのファンアート制作など、人物・キャラクターを多岐にわたって描き続ける画家・三澤寛志の、代表的創作画業の多くを紹介する本邦初の画集である。信念として「人物をしっかり見て描く」姿勢を貫き通し、数々の珠玉の作品をつくり出してきた。
小学6年生のとき、ムリーリョ作『乞食の少年』に憧れて始めた油絵。その後、三澤寛志の45年間にわたる「絵画との格闘」の記録から、とくに絵を描く上で参考になりそうな油絵・水彩作品を中心に技法解説して、等身大の三澤寛志を紹介する。
また、多くの過去作品を理解していただくポイントにもなるので、クローズアップ、バストショット、全身の制作プロセスを、必要に応じて10例ほど掲載している。
作品はできるだけ時系列に紹介しているが、技法書としての役割から、制作環境やテーマの設定などを考慮。大きな物語、小さな物語を交えた章立てになっている。

 

●第1章 「ものを見ること」との格闘、スタート
美術大学~大学院時代の作品からスタートする。
●第2章 制作の実践、オープン
二人のモデルを使った数種類の制作プロセスで技法解説する。
●第3章 舞台設定と大作の時代、フォーカス
公募展に出品していた約10年間の大作群を振り返る。
●第4章 描きたいものを描くスタイルへ、ターニングポイント
自分にとって描きたいものは何だったのか。テーマがはっきり見えてきた。
●第5章 人物を象徴化して描く、エボリューション
ピクシブたんで、日々挑戦し続ける画家・三澤寛志。

 

若い頃から今に至るまで、予備校、絵画教室、専門学校で指導してきた経験を生かして、アートとイラストの垣根を超えて、創作の可能性をますます広げていく三澤寛志の絵をぜひ見て欲しい。

タグ検索