イラスト・マンガ・絵画の描き方ならホビージャパンの技法書

  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .

水彩画 美しい影と光のテクニック 色の作り方・マスキング・にじみの生かし方がわかる

水彩画を描くための「色彩力」を身につけよう!

著者
玉神輝美 著
ジャンル
水彩 アナログ
シリーズ
PICK UP! ファインアートシリーズ
出版年月日
2018/3/30
ISBN
9784798616643
判型・ページ数
B5変
定価
本体2000円+税
  • 購入はこちら
  • ちょこっと立ち読み

 水彩で絵を描くとき大切なのは、デッサン力と同様に「色彩力」をつけることです。そのためにはまず三原色の色味を理解する必要があります。三つの色をどのように混ぜると鮮やかな色味になるのか、または濁るのか、色味を含んだ美しいグレートーンの作り方、ニュアンスのある茶色やこげ茶の作り方について、学んでいきましょう。特にグレートーンは、著者の幻想的な作風を表すために欠かせないものです。陰影の色味を意識せずに描いた作品と比べると、思いもよらない美しい影の色に驚かされます。これから水彩画を始めたい人や、もっと個性を表現したい人にとって、色彩の幅を増やす助けになる一冊です。
 本書では、水彩の持つ美しいグラデーションを最大限に生かすため、マスキングインクを多く使います。枝葉や水面などを緻密にマスキングして上からグラデーションをかけることで、美しい切り絵のような作品が出来上がります。さらに、筆のタッチを組み合わせることで、透明感のある画風で仕上げる方法も同時に紹介します。ほかにも、にじみを作品に生かす方法、地面やレンガの質感を表す方法など、人気の作家が水彩画の手法を惜しみなく公開していきます!

タグ検索