イラスト・マンガ・絵画の描き方ならホビージャパンの技法書

  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .

プロの作画から学ぶ超マンガデッサン 男子キャラデザインの現場から

「マンガデッサン」の生みの親であるGo office 林晃がおくる、本物の採れたて鮮度抜群のマンガデッサン!

著者
林晃(Go office)、九分くりん、森田和明 著
ジャンル
デッサン マンガ 男の子 アクション キャラデザ 顔・からだ アナログ
シリーズ
PICK UP! イラスト・マンガ技法書シリーズ
出版年月日
2017/9/30
ISBN
9784798615387
判型・ページ数
B5変
定価
本体2000円+税
  • 購入はこちら
  • ちょこっと立ち読み

「紙と鉛筆」、古くは「半紙と筆」や「洞窟の壁と炭」の時代もあった「作画」の営みは、タブレットを用いたデジタルの時代になった現在でも、「手で描く」ことの基本は変わりません。

 

本書は、男子キャラのデザイン、体の構造、動きの作画のポイントを、見逃すことなく「紙上コマ送り」で徹底解説します。作画は、アニメのキャラデザイナー、作画監督、イラストレーターとして、第一線で20年にわたって活躍している森田和明氏です。

 

第1章ではキャラデザ、第2章では体の構造を学ぶハダカデッサン、そして第3章では動きの作画を学びますが、重要なことは、森田プロがどこに気を使って描いているか、何を大切にしているか、絵に対する姿勢や線に対する意識を、刻一刻と変化する本書の画面から見て学び取ってください。

 

「自分流のキャラ」「自分流の描き方・描き進め方」など、そうした「現在」から「もっとすごい自分流」への飛躍の糧に、本書を有効に利用していただければ幸いです。

 

※2005年刊行の『スーパーマンガデッサン』(林晃・森田和明・松本剛彦 著/グラフィック社)で初めて「マンガデッサン」という言葉が使われ、かつ定義づけられた。

タグ検索