HJガンプラ部



HJガンプラ部

HJガンプラ部 第69回

「今年はどんなガンプラ作ろかな?」

Y…ホビージャパン編集部ガンダム担当。内面クール風味。
…なぞの男「マスタージャパン」。その正体は一体…!?

Y「明けましておめでとうございます!!」

「おめでとうございます!!」

Y「2018年となりました。今年はどんなガンプラが発売されるんでしょうね?」

「一番の注目といったら、1月1日に発表されたこれしかないだろう」

Y「そうですね?」

&Y「ディープ・ストライカー!!!」

「大日本絵画さんより発行されている「ガンダム・センチネル」に掲載されているSガンダムの強化プラン「MSA-0011[Bst]PLAN303E ディープ・ストライカー」がMGキットで登場だ」

Y「年明け早々攻めたラインナップですよね。正月ボケも一気に吹き飛んじゃいますよ」

「さすがにまだ正月気分が抜けてないのはまずいんじゃないか?」

Y「そうですねー(眠い…)」

「ディープ・ストライカーは、アーガマ/アイリッシュ級の主砲と同じメガ粒子砲と大型ディスク・レドーム・システム、マルチ・センサーを装備。Iフィールド・ジェネレーターや計10発ものノズルを備えたブースター・ユニットを搭載した、MSとしては化け物クラスのスペックを持つ機体だ。しかし、1機あたりの生産コストが天文学的な数字となってしまうため、ペーパープランで終わってしまったという、まさに幻のモビルスーツだ」

Y「そんな幻の機体が大ボリュームのプラキットとして手に入れられるなんて、すごい時代になったものです」

「しかも、Sガンダム本体も一部新規型を採用しているから、実質Ver.1.5的な仕様になっているぞ」

Y「確かにフェイスが小さくなって以前のものよりさらに男前です。胸部アーマーのメカディテールや肩アーマーのスライド機構など、近年のガンプラ準拠になっている点も見所ですね」

「全長54cmの主砲やコクピットおよび腹部から前面に張り出したIフィールド・ジェネレーター、ブースター・ユニットやプロペラントタンクが放射状に広がる背面など、どこから見ても画になるな」

Y「12月にPGエクシアが発売したばかりなのに、これはまた置き場所に困るガンプラですね」

「前後幅があるからな。そこはどうにかするさ」

Y「そんなMGディープ・ストライカーは現在「ガンダムベース東京」に展示されているので、お近くの方はぜひ実物を見ていただきたいですね。圧巻ですよ」

「…アレをしまってスペースを確保すれば、いやそれでも主砲の角度が問題だな…」

Y「今から3月の心配してどうするんですか、まだまだ超最新ガンプラの展示(※参考出品です)はありますよ」

「そうだな」

Y「MGガンダムF91 Ver.2.0とRE/100ビギナ・ギナですね」

「F91はフェイスオープンなどの固有ギミックがVer.2.0ではどのように再現されるのかが気になるところだ」

Y「ビギナ・ギナは旧キットも1:100なので完全リニューアルということになりますね。全体的にきれいな曲面ラインで構成されています。女性パイロットの機体はテンション上がりますね!!」

「『ガンダムW』からRGトールギスEWとHGリーオーだ」

Y「RGウイングガンダムEW発売から2年、ようやくライバル機同士で並べられます」

「HGリーオーは価格やバリエーション展開など、量産機ならではのキット仕様に期待だな」

Y「HGUCガルバルディβはかなりの人が「やっとか!!」という感じなんでしょうね」

「ハイザック、マラサイが発売されてからもう10年以上経っているからな」

Y「HGUCバイアランは、まあ出ますよね。バイアラン・イゾルデがキット化された時点で、これはくるなと思った人が多かったでしょうね」

「HGUCグフフライトタイプは、元のHGUCグフカスタムがシリーズの中でもかなり出来のいいキットだから、安心して待っていられるな。リニューアルされるHGUC陸戦型ガンダムと合わせて揃えておきたいところだ」

Y「HGUCガンダム・ピクシーはかなり意外でした」

「1995年発売のスーパーファミコン専用ソフト『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』を初出とする陸戦用試作MSで、機動性と運動性を極限まで高めた機体だ。ビーム・ダガーで戦う姿が印象的だ」

Y「ピクシーがキット化されるなら、いよいよイフリートのHGキット化も期待していいですかね」

「そうだな、イフリート・シュナイド、イフリート改ときているからぜひ実現してほしいものだな。
  ん、そういえば」

Y「どうしました?」

「HGUCイフリート・ナハトも展示してたよね?」

Y「えぇ」

「写真は?」

Y「撮り忘れました」

※この企画はフィクションです。登場人物は実在の人間ではございません