HJガンプラ部



HJガンプラ部

HJガンプラ部 第50回

「ゆくガンプラくるガンプラ」

Y…ホビージャパン編集部ガンダム担当。内面クール風味。
S…ホビージャパン編集部ガンダム総担当。基準値以上に熱い漢。

S「………」

Y「おや、今日はずいぶん静かですね。『ガンダムクロスウォー』でいいカードが出ませんでしたか?」

S「いや、確かにデストロイガンダムが出なかったが…2016年も嵐のように駆け抜けていったなー、と」

Y「もうこの年になると一年があっという間ですね」

S「ガンプラもたくさん出たしなー。そこでだ、今年を締めくくる軽い話題として、今年(2016年1月から12月発売分)買ったガンプラを振り返ろうかと」

Y「僕あんまり買えてませんが…」

S「まぁ家庭のあるサラリーマンではやっぱり限界があるよなー」

Y「というわけで、一票の格差を是正するために、Sさんは2個目からのカウントでお願いします(注1)

S「え……」

Y「では第10位から6位までの発表です。ちなみにプレミアムバンダイのアイテムはあえて除外しています(注2)

S「HGUCゼータプラスC1型が上位に来ちゃうからね」


10位:HGブグ(ランバ・ラル機)


9位:BFトランジェントガンダム グレイシャー


8位:MGフルアーマー・ガンダム Ver.Ka(GUNDAM THUNDERBOLT版)


7位:HGガンダムアスタロトオリジン


6位:HGガンダムアスタロト

S「…10位から6位まではもはや俺が2個買いしたものになってんなー」

Y「こうしてみると、プレイバリューの高い機体が多いですね」

S「ギミック上の進化もガンプラのウリのひとつだからね。組み立てるたびに発見があるのがガンプラの強みだな。というか君、ガンダム・アスタロトとトランジェントガンダムグレイシャー買ってないの? ウチの外伝の機体なのに」

Y「ボーナス入ったら買う気だったんで…(苦しい言い訳)」

S「まぁいい。ということは、ここから先がY(のもとになった人)も買ったガンプラってことになるな」

Y「正直2ヶ月に1個HG買うのが限界です(苦悩)」


第5位:HGフルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT版)

S「わりと予想外なインだな。パッケージ効果(注3)か?」

Y「これは劇場版みたテンションですね。MGも作ってみたかったんですが、ちょっとお財布的に無理でした」

S:「アニメ版では形状がだいぶ違うんだが、雰囲気は充分出てるしな。ちなみにセイラマスオさんの作例が(月刊ホビージャパン3月号(1月25日発売号)に掲載されますんでお楽しみに(宣伝)」


第4位:HG局地型ガンダム

S「『MSD』初出のガンダムがランクインか。オリジン系初のガンダムってことで注目も高かったな」

Y「渋系のカラーリングと形状が個人的にツボですね。系譜的にも面白い機体ですし」

S「すでにHGシャア専用ザクIIなどでも超可動を実現していたけど、局地型ガンダムもミニMGと見紛うほどだからなー。今後の連邦系機体の充実にも期待したいところだな」

Y「つまり「はやくRX-78-02 ガンダムでないかなー」と」

S「待つのもガンプラの楽しみのひとつだからね」


第3位:HGガンダムバルバトスルプス

Y「これも納得です。肩の鉄華団のマークが成型で再現されているとか、もはや驚くしかないですね」

S「色分け再現度はもちろんのこと、角度の付いた武器持ち手や延長を兼ねつつ保持力が向上した手首関節とか、渋く進化しているのも凄いぞ。なにより税別1000円という、戦略兵器級のブレイク価格ってのがな。お財布と相談して別売のMSオプションセットで武装を充実させていくのもお楽しみのひとつだな」


第3位:第2位:HGガンキャノン最初期型(鉄機兵中隊機)

S「厳密にはHGバルバトスルプスと同率なんだが、Y(のもとになった人)の強い希望により2位だ」

Y「待望のガンキャノンの発売で妻に許可もらって買いました(迫真)

S「そりゃ…頑張ったね」

Y「…今後出てくる赤いのの活躍に期待ってことで」


第1位:フィギュアライズバスト ホシノ・フミナ

Y「ある意味納得の1位ですね」

S「ガンプラとしての衝撃度はぶっちぎりだからなー。インジェクション成型の宿命と言える曲面再現の難しさを的確なパーツ分割でクリアするとか、キットとしての構成の妙も凄い。ぜひ一度組んでみて欲しいキットだな。あとパッケージがいい」

Y「コンパチ仕様なのもいいですよね。やはりふたつ揃えたくなります。あと健康的なエロスに夢中です(注4)

S「新機軸のガンプラとしてはやはりフィギュアライズバストだろうが、来年もエキセントリックな年になりそうだな」

Y「2017年度はもう少しタイムリーな話題も扱っていきたいですねぇ」

S「…できるかぎりね」

注1:S(の元になってる人)は大抵のガンプラを買っています。そして部屋はガンプラで埋まっています。[記事へ戻る

注2:ちょっとでも興味を持って、できれば買ってもらえればなー、という期待もちょっと込めてます。あと、ランキングはホビージャパンの公式のものではなく、あくまでも個人の感想です。[記事へ戻る

注3:S (の元になってる人)がただの森下直親氏の大ファンです(個人の感想です)。[記事へ戻る

注4:…妻子持ちの個人の感想です。[記事へ戻る

※この企画はフィクションです。登場人物は実在の人間ではございません。

※画像は試作品です。実際の商品とは異なる場合がございます。