HJガンプラ部



HJガンプラ部

HJガンプラ部 第47回

「出撃! HJビルドウェポン カレトヴルッフフェーダー!!」

Y…ホビージャパン編集部ガンダム担当。内面クール風味。
S…ホビージャパン編集部ガンダム総担当。基準値以上に熱い漢。

S「またしてもごぶさた!!」

Y「毎度のことですが更新が遅いですねぇこのコーナー」

S「…(お前が言う?)まぁここのところちょっと実際の業務がバタバタしていて申し訳ない。で今回は!」

Y「今回は!?」

S「HJ本誌2017年1月号特別付録「HJビルドウェポン カレトヴルッフフェーダー」の告知だー!!」

Y「そういえばHJガンプラ部ではまだでしたね」

S「うむ。このコーナー意外と閲覧率高いのだ。つねに全力なのがHJスタイルよ」

Y「カレトヴルッフフェーダーは、『ガンダムビルドファイターズ炎トライ』特別編に登場する新ウェポンですね」

S「うむ。ニールセン・ラボが開発した汎用武器、という設定だ」

Y「しかし…またしても“カレトヴルッフ”ですね」

S「「HJの武器と分りやすくていいだろ」と俺(の元になった人)が提案した。ソードとライフルの機能を兼ね備えたHJの付録だからな。詳細な経緯は1月号にて開闢しているので、興味のあることはこちらをご覧ください(宣伝)」

Y「ところでなんでクリアーブルーなんでしょう? 無色クリアーのほうが色々塗れていいんでは?」

S「あのねY君、全員塗ること前提ってのはどうかと思うよ。キットの素組みで楽しみたい人も確実にいるし。本当は「クリアーパープルとしたい」というのがバンダイホビー事業部さんの希望だったんだけど、「どクリアーだと営業的に(見えなくて)困る」っていう内部の意見もあってね。このあたりは本編での扱いもあって、最終的に薄いクリアーブルーに落ち着いたの。よく言えば本体は白成型、刃は無色クリアーが理想だけど、コスト的にちょっと無理でした。ごめんなさい」

Y「大人って大変ですねぇ」

S「とはいえ出来は万全。何しろ海老川兼武さんによる超格好いいデザインだ。プレイバリューの面でもソード⇔ライフルの変形に加えて、ジョイントパーツを介してランスモードに組み合わせも可能だぞ」

Y「皆さんのアイデア次第でさらなる進化を遂げる可能性を有した「HJビルドウェポン カレトヴルッフフェーダー」が付属する月刊ホビージャパン2017年1月号(11月25日発売号、特別定価:1250円+税)! その力、ぜひ皆さんのガンプラの新しい力として存分にご活用いただきたい!!」

S「…君なんで決めのセリフ取っちゃってるの!?」

※この企画はフィクションです。登場人物は実在の人間ではございません。

※画像は試作品です。実際の商品とは異なる場合がございます。

※「HJビルドウェポン カレトヴルッフフェーダー」以外の商品は別売です。