ガンダムビルドファイターズ炎



ガンダムビルドファイターズ炎 ガンプラ部別室

HJガンプラ部 第33回

「元気のGは!」

Y…ホビージャパン編集部ガンダム担当。内面クール風味。
S…ホビージャパン編集部ガンダム総担当。基準値以上に熱い漢。

S「というわけで早速告知だ」

Y「いきなりですね」

S「10月31日に……」


Y「…10月31日に……?」

S「HJ MOOK「ガンダムウェポンズ ガンダムGのレコンギスタ編」が発売だ!」


書籍詳細はコチラ

Y「…元気ですね」

S「元気でいられるからな。今回は総ページ数244。最終的に現時点までの「ガンダムウェポンズ」シリーズ最大ボリュームだ」

Y「…ちょっと…多すぎませんかね(注1)」

S「当初はキットレビューと少しスクラッチ作例ができればいいかな~くらいの気分だったんだけどね…。とにかく仲井望さんとyubabaさんの熱量に押されてここまで来た感じだなー」

Y「気がつけばごく一部以外はほぼ立体化できていますね」

S「まぁ…ジーラッハが普通にいますし」

Y「G-セルフも全バックパック揃っていますね」

S「形部一平さん協力の連載企画「ジーラボラトリィ」も、新作込みで登場するぞ」

Y「…アレ…ですね」

S「アレです。期待は裏切りませんよ。本誌掲載分の作例もほぼ増ページ+新規カット込みでグレードアップしているのだー」

S「ほかにもセイラマスオさんの完全新作「G-セルフ(パーフェクトパック装備型」)や、ガンプラLOVE作例と、新作も充実しているぞ」

Y「ついにアレが出るんですね…」

S「アレね」


↑アレ

S「このムックに関しては、リーダーシップを発揮し続けた仲井くんと、寡黙ながらも職人として辣腕を振るい続けたyubabaさんの奮戦はもちろん、各モデラー陣の尽力によるところが大きく、さながらメガファウナ状態なチームワークが発揮できた一冊となっているといえるなー。『G-レコ』好きなら決して後悔させない内容になったと思っているので、ぜひ!!」

Y「すがすがしいくらいの告知ですね」

S「俺は担当としての義務を果たす! 見てくれる君に、心から感謝を!!」

※この企画はフィクションです。登場人物は実在の人間ではございません。

注1:通常の「ガンダムウェポンズ」シリーズは平均130ページなんで110ページ多いのです。[記事へ戻る