ガンダムビルドファイターズ炎



ガンダムビルドファイターズ炎 ガンプラ部別室

炎のHJガンプラ部 第7回

「疾風怒濤のガンプラムック2冊同時登場!!」

Y…ホビージャパン編集部『ガンダムビルドファイターズ』担当。タイプのGBF女性キャラは「みんな可愛くて選べないですー」という優柔不断野郎。
S…ホビージャパン編集部ガンダム総担当。タイプのGBF女性キャラはミサキちゃん。
ヒゲ…ホビージャパン編集部副編集長。タイプのGBF女性キャラはアイラ。
??…ガンプラ部を遠くから見ている謎の男。タイプのGBF女性キャラはキララ。

Y  「Sさん、僕気になることがあるんですけど」

S  「何かねY君。ガンプラなら現在絶賛製作中だ。全塗装だからもうちっとかかるぞ」

Y  「いやそれではなく…」

S  「…?」

Y  「僕らが作った『ガンダムビルドファイターズ』のムック2冊の告知がおろそかになってません?」

S  「…あ~そういえばやってないな~」

Y  「(この人は何を暢気に…)せっかく頑張って作ったんだから、ちゃんと告知しましょうよ。死ぬような目にあったんだし(注:1)」

S  「じゃまず、Y君の「ガンダムウェポンズ ガンダムビルドファイターズ編」からね」

Y  「僕が担当した「ガンダムウェポンズ ガンダムビルドファイターズ編」は、月刊ホビージャパンに掲載されたHG&MGビルドファイターズシリーズのキットレビュー作例を中心としたもので、表紙モデルはJUNⅢさんによる「MGスタービルドストライクガンダム(注:2)」となっております」

Y  「さらに、商品が出ないけどやっぱりガンプラで見たいよね、アレとかコレとか、な機体の作り起こし作例も完全網羅!!(注:3)」

▲アレ

▲コレ

S  「そうだな、商品化されないのが実に惜しいものばかりだ」

Y  「ほかにもすごく個人的な意見を盛り込んだアニメ紹介を掲載しているので、ぜひ見てほしいです」

S  「すごく個人的なって…。いいのかそれで?」

Y  「記事作りながら、思い出して涙が出てきちゃいましたよ」

S  「確かにいいストーリーだが、この程度で涙腺がゆるむようではまだまだだな。修行が足りん!!」

Y  「さらに、さらに、ガンプラビルダー必須の設定資料も充実の内容で、プロの作例を手本にカッコよく製作したいという方は必携です。基本的な工作からオリジナル作品の製作法を知りたい方にはSさんの「ガンダムビルドファイターズ炎のガンプラ教科書」の出番ですね。では、Sさんどうぞ!!」

S  「俺の担当した「ガンダムビルドファイターズ炎のガンプラ教科書」は、ガンプラムック史上初の「オリジナルガンプラ製作法」を解説する一冊だ(注:4)」

Y  「???」

S  「アニメ『ガンダムビルドファイターズ』と月刊ホビージャパンに連載中の公式外伝『ガンダムビルドファイターズ炎』にはさまざまなオリジナルガンプラが登場し、活躍してるだろ?」

Y  「そうですね」

S  「本書は『ハイグレードビルドファイターズ』シリーズおよび『ハイグレードユニバーサルセンチュリー』シリーズのプラスチックキットのオリジナルガンプラを作るコツを解説しているんだ。基本的な製作法&キットを組み替えた製作例が満載だぞぅ!!」

S  「ちなみにナビゲーターは本誌ガンダム作例の大黒柱であるJUNIIIさんが務めてくれている。表紙を飾っているセイラマスオさんによる作例ほか、本書収録のオリジナルガンプラ作例を、完成画像はもちろんのこと、豊富な途中写真と解説を加えて掲載しているのだ! S…もとい謎の男マスタージャパンのゴッドガンダム極の新装備や、林哲平君のオリジナルガンプラと、胃もたれしそうな大ボリュームッ!!」

S  「まさに自分だけのオリジナルガンプラを製作する奥義を完全伝授する決定版の一冊!! 」

Y  「はぁ…」

S  「本書を手に、世界中に見せつけてやれ! 君たちの想像力と情熱を!!」

Y  「…すごく盛り上がってるとこ申し訳ないのですが…」

S  「何かね? Y君」

Y  「終電の時間なんで帰ります。おつかれさまでした(と言って去る)」

S  「………2014年度もスーパードライだな…」

ヒゲ「おおぅい! また俺の出番無しかよ!?」

?? 「また出そびれた…」

注1:300越えのキャプションを書いても書いても終わらないのは悪夢です。 [記事へ戻る

注2:製作期間(MGユニバースブースター)の非常に短い中すごくカッコよいものを仕上げていただきました。JUNⅢさん、ありがとうございます!! [記事へ戻る

注3:いくつか掲載されていない作例もあります。ガンプラもまだ出ますし…。これ以上は皆様の“想像力”にお任せします [記事へ戻る

注4:本書に掲載されている作例の多くは模型オリジナルのものであり、サンライズ公式設定とは異なります。あらかじめご了承の上ご覧ください。 [記事へ戻る

※この企画はフィクションです。登場人物は実在の人間ではございません。