第十回「敵か! 味方か!? デスティニーインパルスR!!」

更新日(2014/1/29)


式外伝『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』本編に登場した新型モビルスーツ「ZGMF-X56S/ι デスティニーインパルスガンダムR(リジェネス)」。一見して分かる通り、ホビージャパンにて展開された公式連載『ガンダムSEED DESTINY MSV』に登場した一機「ZGMF-X56S/θ デスティニーインパルスガンダム」の後継機です。デスティニーインパルスはその強そうなシルエットから極めて人気の高い機体です(担当としてははじめて構成案からネーミングまで採用してもらえたMSV機体であり、公私ともに思い入れ深いのです)。が、実質的な運用においては非常に難のある存在です。何しろ本体はもとより武装のエネルギーがドカ食いするので、まともに戦えないのです…。そこで、発案されたのが「デスティニーガンダムの技術をフィードバックして完成度を高めた実戦的デスティニーインパルスを登場させる」というもの。MSVを担ってきたホビージャパンらしさを、アストレイの物語に組み込もう、というわけです。本体はインパルスガンダムをベースに、一部パーツを先述の通りデスティニーガンダムと共通化。さらに武装も洗練され、いかにも実戦的な機体になったといえましょう。さらに背中のデスティニーシルエットRにはある“秘密”が…。そういう意味でも、いかにも『アストレイ』らしいですね。
 初登場となった月刊ホビージャパン2014年2月号(12月25日発売号)掲載時にはまだ開発中であり、作例を製作できない状況でした。とはいえ、物語上でも気分的にも話には早く登場させたい…というのがスタッフの総意でした。そこで登場したのが試作モデル。情報ページでもこの試作モデルを掲載予定だったのですが、開発陣の奮闘もありギリギリで間に合うことに。とはいえ撮影は済んでいたので、結果お蔵入りになった画像を(もったいないため)ここで大公開してしまいます。なお、本誌掲載の特撮も今後発売予定されているムックでは新規のものになるので、割とレア

 そんなMGデスティニーインパルスRが、現在プレミアムバンダイにてMGキットが受注中! なんとプレミアムバンダイ史上トッププラスの受注数(!)だそうで、送り手のホビージャパンとしてもホッと一安心というところ。現在3月発送分が受注中なのでこの機会にぜひゲットされたし(ロウ的なセールストーク)!
【商品データ】
http://p-bandai.jp/hobby/special-1000003378/
MG ZGMF-X56S/ι デスティニーインパルスガンダムR
●発売元/バンダイホビー事業部●5460円、3月発送分受注中●1:100、約18cm●プラキット●プレミアムバンダイ販売アイテム
※イベントや他の企画などで販売の可能性があります。※販売準備数に限りがございます。品切れの際はご了承ください。





▲カラーリングはデスティニーインパルス1号機に準じた2色の赤紫を基調とした配色。本体は通常のインパルスと同型でありながらも、配色の変化によりその印象は大きく変わったものとなっています



▲デスティニーシルエットRは本体基部がほぼ完全新規設計。ウイング基部で展開して翼幅が広がるギミックも再現。ウイングやメインスラスターはMGデスティニーと共通デザインとなっています

▲DIアダガの頭部再現パーツがガンダムタイプとの選択式でセット。モノアイの左右可動もしっかりと再現されている点に注目

(文:担当【征】)

トップに
戻る