カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

カテゴリー

【HJノベルス3月の新シリーズ紹介】 その日、沖田総司がうちにやってきた―?! 【『私の妻と、沖田君』】




本日は3月19日(金)発売となるHJノベルス新シリーズ、
歴史小説×日常系ファンタジー×文学×SF×ミステリー……
様々なジャンルが混ぜ合わされた新作、
『私の妻と、沖田君』をご紹介いたします!

クリックで特設ページへジャンプ!!

クリックで特設ページへジャンプ!!



イラスト担当はゲーム『刀剣乱舞』などでキャラクターデザインを担当されているしきみ先生です。 超カッコいい!でもどこか儚げな(幽霊なので……)沖田君こと沖田総司が降臨しました。

それではストーリーをご紹介!

ある日、特に前触れもなく「私」のうちにやってきた沖田君
私のいない間に家にあがりこんで、「私」の妻の作った食事に舌鼓をうっています。



時代は現代。
つまり今作の沖田君こと沖田総司は幽霊です。

いちおう説明しておきますと、
沖田総司は幕末に名を馳せた集団「新撰組」の一員として活動した男性ですが、
病気持ちだったために、志なかばで夭逝しました。

成仏しきれないのか、それとも別の理由があるのか、
「私」のところへやってきた沖田君はなかなか帰ろうとはせず、
逆にほかの新撰組メンバーまでやってくる始末


土方歳三は新撰組「鬼の副長」。
掟に厳しく、自分の夢のためにすべてをなげうって戦いぬく男……。


斉藤一は沖田君と並び称される剣豪。
仲間のためなら汚れ仕事も厭いません。

どうも彼らが現代で集結する理由は「私」自身にあるようなのですが……。
その辺の謎は本編で確かめてみてください。


またさらには現代を生きる「私」の姪であるオタク気味の芽依子や、


その同級生で陰陽師の末裔である鷹雪君もからんで、


意外なほど壮大な歴史ファンタジーが展開します……!

特に必要性を感じさせない歴史の英雄たちのコスプレシーンなども挟みつつ、


物語は次第に核心へと迫っていきます。

沖田君が何をしに現代の「私」のところへやってきたのか。
そして妻ともどこか親しげなのですが、それはなぜなのか?
ゆる~く推理しつつ、本編を楽しんでみてください。

それでは、沖田総司が幕末日本から現代へとやってくる
『私の妻と、沖田君』
はHJノベルスより3月19日(金)発売です。


さらに本作は店舗特典も充実!
九藤先生書き下ろしのSSペーパー(アニメイト様限定特典)


しきみ先生の書下ろしイラスト&九藤・しきみ両先生のサイン入り色紙(Twitterキャンペーン特典など、こちらもあわせてお楽しみください。



(刀剣画報編集部)