カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

【HJノベルス2月の新シリーズ紹介】 本格異世界冒険譚を彩る キャラクターたちを紹介! 【『槍使いと、黒猫。1』その2】


どうも、こんにちは!
少しずつ春めいてきた予感がする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
一方で、恐怖の花粉症にも備えている(?)ノベルス宣伝担当・小太郎です。

いよいよ2月22日(水)の発売日が迫ってきた、
HJノベルス新シリーズ、『槍使いと、黒猫。』
今日はその、第二回のご紹介となります!

※クリックすると紹介ページに移動します。

※クリックすると紹介ページに移動します。



無職のスケベ青年が、異世界にて自らキャラメイキングをし、最強種族に転生!
無双の槍使いとなって、神獣の化身たる黒猫をお供に異世界を旅する
本格ファンタジック・アクションです!
物語の詳細は、前回記事をご参照くださいね!

第二回目となる今回は、この物語を彩るヒロインやキャラクターたちをご紹介します!


ユイ

「槍使いと、黒猫。」、最初にご紹介するヒロインはこの人、ユイ! 
凄腕の暗殺者にして、シュウヤの旅先で因縁ができる、
クールな美貌の女性ヒロインなのです。

とある事情から、最初はシュウヤのことを標的として付け狙うのですが、
予想外のアクシデントがきっかけで、、次第にシュウヤのことが……? 
という、ある意味王道のヒロインっぷりを見せてくれます!

彼女はあまり他人に弱みを見せない性格で、
最初こそツンツンしていますが、 デレてからが非常にカワイイ!
とはいえ、シュウヤはとにかくスケベで、気が多い性格……
さてさて、二人の関係はどうなってしまうのか?

本作は王道のファンタジーアクションでもあるのですが、
この作品を彩る「ロマンス要素」を代表する異世界美人さん!
文字通り、シュウヤが出会うファーストヒロインであるといえるでしょう!


アキレス師匠

続いては、アキレス師匠! シュウヤの槍の師であり、
巻角を持つ異種族・ゴルディーバ族の老人です。
異世界でサバイバルしていたシュウヤを拾い、 生活技術を教えてくれた存在もであり、
かつては有名な槍の達人で、熟練の武芸者でもあったという経歴を持っています。

シュウヤの精神的支柱でもあり、心の師である彼は、
第一巻では大きな存在感を放つキャラクター。
ロマンス要素と並ぶ、もう一つの本作の魅力である
「重厚さ」「濃密なアクションシーン」を語る上で、
外せない存在となっています! 

渋いオヤジだって十二分に魅力的! 
これが、この「槍使いと、黒猫。」という作品の、大人気の秘密でもあります。
また、アキレス師匠にはレファという孫娘がおり、
彼女の存在もまた、前半の一服の清涼剤となっているのでお見逃しなく!
気になる方は、ぜひ本編にてご確認ください!


ロロ(ロロディーヌ)

最後にご紹介するのが、黒猫のロロ。タイトルにもなっている通り、
シュウヤの相棒にして、愛らしい旅のパートナーです!
実は、異世界でシュウヤが出会う神獣・ローゼスの化身であり、
いざという時は勇ましい豹型に変身!
不思議な触手の力と高い戦闘能力で、契約を結んだ相手であるシュウヤを助けてくれます。

また、普段はモフモフの黒猫というギャップ
彼女(ローゼスは雌の神獣という設定なんです)の魅力!
普段は知能も普通の猫と変わらないので、本当に猫100%の愛らしさで、
周囲を和ませるマスコット的存在なのです。

シュウヤもロロを溺愛しており、また、その可愛さを通じて
異世界美女たちと交流を深められたり(笑)と、本当に役立つ、頼もしい相棒なのです。まさに最高のモフモフ・フレンズ!?
本作も読めばきっと、あなたもロロの可愛さのトリコになっちゃいますよ!


以上、本格派ファンタジーの奥行きのほかにも、
ご紹介したようなキャラクターの魅力にも注目していただきたい本作。
「小説家になろう」にて、2,400万PV以上の実績を誇る人気は本物!
必ずや、あなたを楽しませてくれるでしょう!


さらに本作は店舗特典が盛りだくさん!

健康先生が書き下ろしたショートストーリーペーパーなどなど、
様々な書店さまにご協力いただき、店舗特典をご用意いたしました!

こちらの記事でご確認の上、
発売日には是非、書店さまへお立ち寄りくださいませ!


書店様用POPも合わせ、見かけられたらぜひ、お手に取ってみてくださいね!
※クリックすると拡大します。

※クリックすると拡大します。



それでは2月22日(水)ニャーニャーニャーの日に発売となる
『槍使いと、黒猫。1』を、どうぞよろしくお願いいたします!
HJノベルスが自信を持って送り出す本作、必ずソンはさせないかと思いますので、ぜひお手に取ってみてください!



(小太郎)