カレンダー

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

12月新シリーズ特設ページ公開!

ブログメイン更新担当・緑茶です。 本日より12月1日発売の新シリーズ、 『二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい』 の特設ページを公開いたしました! 恒例のバナーリンクはこちら。 ブログ紹介記事とあわせて、是非ともチェックしてみてくださいね! (緑茶)

ハイパーな幼馴染は敵か味方か!?

荒ぶりたいブログメイン更新担当・緑茶です。 本日は12月1日発売の冬樹忍先生の新作 『二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい』をご紹介いたします。 本作はなんでもできるハイパー幼馴染・珠美が、 一人暮らしでオタクライフを満喫する主人公・利樹のもとに現れるところから始まります。 そして、《三次元の彼女》を作らないと実家に連れ戻されてしまう利樹の 彼女作りの手伝い(=おせっかい)を始めます。 それはもうハイテンションで、利樹の世話を焼き焼きです。 どういうわけだか何なのか、とにかく熱い。 そしてちょっと黒い。 実は彼女は利樹の両親に頼まれて、 利樹の実生活の調査にやってきてたのです! (冬樹先生ファンの人には、見覚えのある本があったり) 敵か味方か? 珠美の真の目的とは!? そんなこんなな珠美ですが、 利樹の影響で、イベントでコスプレしちゃったり。 隣にいるのは、オタク仲間でクラスメイトな花凛。 むむ、これってもしかして、リア充? そんなこんなで、利樹は「一人暮らし」=「二次元の砦」を守れるのでしょうか? それぞれの思惑が交錯する二次元防衛ラブコメディ 『二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい』 どうぞご期待ください! (緑茶)

「第6回HJ文庫大賞」に関するご報告

チョコとさつまいもの季節すぎて辛い(主に食欲的な意味で) ブログメイン更新担当・緑茶です。 先月末で募集が終了した「第6回HJ文庫大賞」。 こちらの応募総数が確定しましたので、ご報告いたします。 今回は前回を大幅に上回り―― 応募総数499作品という結果となりました!! おかげさまで編集部一同、嬉しい悲鳴を上げております。 そんなわけで、これから編集部は一次審査に入ります。 おなじみ評価シートも愛と責任を持って担当者が書かせていただきますので、 審査の発表を楽しみにお待ちいただければ幸いです。 (緑茶)

HJ文庫11月の新刊発売です!

ブログメイン更新担当・緑茶です。 本日、11月1日はHJ文庫11月の新刊の発売日! ということで、恒例(にしようと思っている)の帯付きカバーを公開しちゃいます。 書店での目印に、是非チェックしてみてくださいね! (緑茶)