最新号 好評発売中

Gun Professionals 2018年10月号
特別定価1,200円+税
2018年8月27日発売
B5判



○定期購読のお申込はこちらから
アーカイブ
リンク
You Tube Gun Pro 動画


  

動画一覧はコチラ


10月号のAR動画につきまして

今月号はAR動画が3本ございますが、その内、2本について間違いがございました。
APX、PMXの動画が、目次では18ページと表記しておりますが、実際は14ページです。
Glock 19の実射動画は目次に49ページと表記されていますが、49ページの写真にARのアイコンを付けるのを忘れてしまいました。49ページの一番上に配置された写真にCOCOAR2アプリを立ち上げたスマートフォンをかざしていただければ、AR動画をご覧になれます。
 いずれも編集段階でのミスです。謹んでお詫び申しあげます。

 また“Gunぷろひろば”にて、「10月号のAR動画でAUTOMAGのボルト操作音がBGMで消されていた」ことに対し、そうなった経緯をご説明すると共に、「AUTOMAGのボルト操作を改めて動画に撮り、その音を111ページの動画に載せるかもしれません」と告知致しましたが、結局、この動画撮影は間に合わず、111ページの“Toshiさんは元気です”動画には、ボルト作動音は収録できませんでした。本件はいずれ実施したいと思います。


Gun Professionals 10月号 ご紹介


クローズドボルトの新型サブマシンガンベレッタPMX:Tomonari SAKURAI


 ベレッタは2017年11月、新型サブマシンガンPMXを公式に発表した。それはアサルトライフルの9mm仕様ではなく、近年では珍しい“純然たるサブマシンガン”だった。その外観を見た誰もが、60年前に登場した傑作ベレッタM12を思い浮かべたはずだ。PMXは2008年に製造を終えたM12S2の流れを汲む後継機種なのか?その答えとPMXの実力を確認すべく、カラビニエリ向けPMXの量産が行なわれているガルドネのベレッタ本社を訪問した。




SIG Sauer P220 LEGION クラシックPシリーズの10mm仕様:Terry Yano


 1983年にブレンテンと共に登場した10mm Autoカートリッジは、長期にわたってその人気が低迷していた。しかし、近年復活の兆しが見え、この口径のハンドガンやカービンをラインナップに加えるメーカーが増えてきている。SIGザウアーP220シリーズのハイグレードモデルLEGIONにも10mm Autoモデルが存在し、10mm Autoの復活を裏付けている。




GLOCK 19 熟成のGen3:Yasunari Akita


 2017年8月30日、グロックは第5世代にあたるGen5を正式にリリースした。現時点では9mm×17のモデルでのみしか展開が進んでいないが、Gen5の評判は上々だ。しかし、2世代前のGen3も人気があり、生産供給が続いている。Gen3が持っている魅力とは何か?Gen4、そしてGen5と比較しながらそれを探ってみた。




キンバーカスタム1911:SHIN


 キンバーが1911クローンの供給を開始したのは1995年の事だ。それから23年が経過した現在に至るまで、同社は魅力的な1911を次々と生み出してきた。その過程で作られた、独特なファクトリーカスタムモデルと、LAPD SWATに実際に配備されている“LAPD METRO CUSTOMⅡ”を中心に、キンバーによるカスタム1911のバリエーションをご紹介する。。




ルガーニューモデル スーパーブラックホークシーレンカスタムバレルモデル:Turk Takano


 スタームルガー社のニューモデル スーパーブラックホークにシーレンのカスタムバレルを装着したモデルは2挺しか存在しない。これは40年前に筆者が作り、長期間ガンセイフで眠らせておいた2挺の内の1挺だ。ハンドガンはどの程度の精度を引き出すことができるのか。この古いヘヴィーバレル付きカスタムと、ファクトリーメイドのニューモデル スーパーブラックホークハンターを使用して、ハンドガンの精度の限界をテストしてみた。




最先端セラコートFNGプレシジョンコーティングス:Hiro Soga


 Cerakote(セラコート)が市場に溢れている。その名称から想像できる通り、セラミックを含んだ特殊な塗料によるコーティングで、素材によって焼付けと常温乾燥を使い分け、強靭な皮膜を形成することで耐摩耗性、耐腐食性に優れるとされている。今回は、このセラコートによるマルチカムパターンコーティングで業界をリードする“FNG Precision Coatings”社を紹介しよう。




S&Wモデル67 & Model 68  僕のCalifornia Dreamin' :Toshi


 S&Wのモデル67とCHP特注仕様というべきモデル68、どちらもカリフォルニア・ハイウェイパトロールが使用したリボルバーだ。西海岸の青い海と輝く太陽がよく似合う。彼らがリボルバーを使っていたのは遠い昔の話だが、これを握れば、気分だけはノースキャロライナからイリノイを超えて、カリフォルニアに飛ぶことができる。




Toshiさんは元気です! サウスカロライナ取材での予期せぬ再会:Yasunari Akita


 Auto Mag LTD, Corp.本社を取材中、ノースカロライナに引っ越ししたToshiさんに再会することができた。新生Automag実射に合わせ、フルオートマチックウエポンを撃ちまくったその様子をお届けする。



その他、実銃記事

・ノウウェアマウンテン シュートアウト2018:Terry Yano
・この銃に会いたかった55 ベレッタ92FS:Toshi
・ガンヒストリールーム番外編 アメリカ取材日記II ノウエアマウンテン シュートアウト:杉浦久也
・無可動実銃に見る20世紀の小火器115 レミントンローリングブロック M1867ライフルスウェーデン軍用モデル:Satoshi Matsuo

トイガン関連記事

・トイガンラボ 79 KSC センチュリオン CM-4 ERG:くろがねゆう
・タナカ モデル1897 トレンチガン モデルガン
・タナカ S&W M60パフォーマンスセンター 2インチ Ver.2 ガスガン
・東京マルイ グロック19 サードジェネレーション  ガスガン
・ウエスタンアームズ ボブ・チャウ スペシャルVer.1.5 ブルースチール カスタム ガスガン
・ハートフォード ニューモデルアーミー モデルガン
・K.T.W. ウィンチェスターM1873カービン   エアガン
・エラン コルト プレ シリーズ70 スラントグルーブ モデルガン
・キャロムショット ベゼルブス ガスガン
・第28回APSカップ東京本大会 ハンドガンクラス:池上ヒロシ
・Time Warp 1987 マルゼン コルトパイソン357:池上ヒロシ
・ビンテージモデルガン79 CMC レミントン ダブルデリンジャー(1981:くろがねゆう 156

その他記事

・NEW ムービー インフォメーション ザ・プレデター:Satoshi Matsuo
・ヤードポンド法に基づく銃の単位:Satoshi Matsuo
・亜米利加ガンショー徒然日記48 Jacksonvilleガンショー編:Toshi
・ピストル講習会5 ボディバランスのために 銃の握り方:池上ヒロシ
・ウエスタン魂79  コルトSAAグリップ:トルネード吉田
・真夜中のガンロッカー 386 地上の星:くろがねゆう
・ガンプロシアター:くろがねゆう
・Gunぷろひろば

月刊アームズマガジン 最新号
最新ムック

Guns&Shooting vol.14

日本軍の拳銃

M4 vs. AK アサルトライフルの両雄を徹底解析

サバイバルゲームがわかる動画付き サバゲNAVI

エアガン完全読本(パーフェクトガイド)最新ライン アップ&使い方のすべてがわかる

エアガンカスタムブック チューニング&ドレスアップの極め方

徹底抗戦都市モスクワ 戦い続ける街を行く!

Guns&Shooting vol.13

スナイパーライフル デッドオン!

イラストでまなぶ! 戦闘外傷救護 -COMBAT FIRST AID-

お詫びと訂正

PAGE TOP