最新号 好評発売中

Gun Professionals 2019年9月号
定価1,200円+税
2018年7月26日発売
B5判



○定期購読のお申込はこちらから
アーカイブ
リンク
You Tube Gun Pro 動画


  

動画一覧はコチラ


Gun Professionals 9月号 ご紹介

特集 ハイパワーファイアーアームズ


マグナムリサーチ デザートイーグル.429DE :
Yasunari Akita


 オートマグ登場以降、マグナム弾を発射するセミオートピストルは数多く誕生した。しかし、そのほとんどは製品として成功を収めていない。その中で唯一の例外といえるのがデザートイーグルだ。アメリカ国内で成功しただけでなく、世界各国に輸出されており、そのポジションは揺らぎようがない。デザートイーグルの成功に多少なりとも近づくモデルすら生まれてこないのだ。今回はそんなデザートイーグルの最新モデルを取材すべく、ミネソタ州のマグナムリサーチを訪ねた。




DRD タクティカル KIVAARI .338ラプアマグナム :Hiro Soga


 .338 Lapuaマグナムカートリッジを一役有名にしたのは、やはり2009年にイギリス軍王室騎兵隊のCraig Harrisonがアフガニスタンで達成した2,475mの最長狙撃達成記録(当時)であろう。このミリタリーのスナイパー向けに開発されたカートリッジには、.50BMGと.300ウィンチェスターマグナムの狭間を埋めるという役割もあった。1,000m以上を撃つスナイパーライフルといえばボルトアクションライフルが一般的だが、.338 Lapuaマグナムを使用するARスタイルセミオートライフルも存在する。その一つとしてDRD Tactical 社のKIVAARIを紹介したい。




71連SMG PPSh-1941 :Terry Yano


 “パワー”にも様々なかたちがある。1発の威力が大きい銃はもちろん、高い制圧力をもつ銃にもパワーという言葉はふさわしい。71連のドラムマガジンを装着したPPSh-41は、そのファイアパワーで第二次大戦におけるソ連軍の勝利に大きく貢献した短機関銃だ。




ハイパワーピストルズ 現代の高威力ピストル:床井雅美/神保照史


 ピストルは本来、最小の防御用兵器と位置付けられている。これに過大なパワーを求めたりすれば、本来の用途には向かず、扱いにくいものとなってしまう。しかし、ピストルに通常より高いパワーを付加する試みは、ずっと昔からおこなわれてきた。その多くは成功していないが、人間は飽きることなくこれを続けている。今回は、比較的近年に作られた高威力ピストルの数々を振り返る。




SIG MPX Copperhead 対 Heckler & Koch SP5K :E.Morohoshi


 アメリカ国内市場ではラージフォーマットピストルと呼ばれる“大型ピストル”が数多く販売され人気を博している。ロングガンからストックを取り去ることで、それらは“ピストル”扱いになるのだ。ピストルなので、バレルはどんなに短くても許される。そのままでは使いにくく、実用性は無きに等しいラージフォーマットピストルだが、スタビライジングブレイスを装着することで、一転して実用性を持つ存在になった。今回はそんなラージフォーマットピストルとして、SIG MPXの最小モデルであるCopperheadと、H&KのSP5Kをご紹介する。どちらも至近距離で圧倒的なパワーを持つコンパクトSMG…ではないが、それをイメージさせてくれる存在だ。




ショットガンファイアパワー タクティカルショットガンの推移:Turk Takano


 本来はバードショット(鳥撃ち)用の猟銃であるショットガンだが、バックショットを組み合わせることで、圧倒的なファイアパワーを発揮する。但し、至近距離に限っての話だ。
この特性から19世紀後半以降、数々のコンバットショットガンが作られ、米国の法執行機関に活用されてきた。個性的なデザインと作動方式を持つモデルもあり、これは魅力的なウエポンカテゴリーだといえる。




デトニクス.45 コンバットマスターMK VI :Toshi


 コンパクトオートに9mmパラや.45ACPモデルは存在しなかった1970年代、既存のフルサイズモデルを切り詰めてコンパクト化する試みが、一部のガンスミスの間で始まった。デトニクスは1911でそれに成功した上に、量産化して市販を開始する。今ではごく当たり前に存在するコンパクト1911はデトニクスから始まったのだ。




SERO GM6 リンクス.50BMG ブルパップセミオートライフル:Tomonari SAKURAI


 ハイパワーアモの代表格と言えば、.50 Browning Machine Gun(.50BMG:12.7×99mm)だといって良いだろう。1910年代にジョン・ブラウニングが開発、これを使用するマシンガンが第一次大戦後に誕生した。このアモをライフルに用いてロングレンジ対応のライフルとする発想は1980年代に始まっている。必然的に巨大で重いライフルになるが、それをコンパクトにしてスタンディングポジションでも楽に連射できるライフルとしたのが、SEROインターナショナルのGM6 LYNXだ。




ハーターズ.401パワーマグ .40口径マグナムリボルバー:Terry Yano


 .401口径のマグナムリボルバーがかつて存在した。西ドイツのザウアー&ゾーンで作られ、アメリカ市場で販売されたシングルアクションリボルバーだが、歴史に埋もれ、もはやコレクターズアイテムになってしまっている。地味な存在だが、このパワー特集でスポットを当ててみた。




ベレッタM9A3 92シリーズ進化型:SHIN


 アメリカ軍のM9後継モデル選定の際、ベレッタはM9アップデートモデルを開発提案した。長い実績のあるM9にもいくつかの弱点がある。このM9A3はそれを解決すると同時にトラディショナルダブルアクションオートが現代でも通用することを明確に示すモデルだ。アメリカ軍の要求仕様は異なるものであったため、採用は却下されてしまったが、M9A3は92シリーズの最新進化型として市場に供給されている。



その他、実銃記事

・アルタモント 業界を席巻する超近代的グリップメーカー:Toshi
・超無可動実銃に見る21世紀の小火器126 シュタイヤーAUG A3:Satoshi Matsuo
・亜米利加ガンショー徒然日記55 “CROWN POINTガンショー編”:Toshi
・パワーファクター:Satoshi Matsuo
・ガンヒストリールーム 56  新説村田銃Ⅵ 村田連発銃の謎を追う2:杉浦久也

トイガン関連記事

・トイガンラボラトリー90 東京マルイ FNX-45 タクティカル:くろがね ゆう
・タナカ SIG P226 レイルドフレーム EVO2 フレームHW モデルガン
・タナカ コルトパイソン .357マグナム 4インチ R-model スチールフィニッシュ モデルガン
・タナカ S&W M13 3インチFBIスペシャルHW Ver.3 ガスガン
・ハートフォード ファストドロウカスタム ライトII トゥーハンドモデル モデルガン

  ・S&T 九七式狙撃銃 エアコッキングガン
・タニオ・コバ M4-MG 10.5インチ モデルガン
・キャロムショット S&W M327 M&P 5インチ メタルブルー ガスガン
・ビンテージモデルガン コレクション90 ハドソン ステン MKII:くろがね ゆう

その他記事

・ウエスタン魂! 90 荒野の誓い:トルネード吉田
・ピストル講習会16 プレート競技攻略法6 練習方法:池上ヒロシ
・真夜中のガンロッカー397 カラー:くろがね ゆう
・ガンプロ・シアター:くろがね ゆう
・Gunぷろひろば

月刊アームズマガジン 最新号
最新ムック
サバイバルゲームガイド2019

サバイバルゲームガイド2019

トイガン解体新書2019

トイガン解体新書2019

イラストでまなぶ! 戦闘外傷救護 -COMBAT FIRST AID-増補改訂版

イラストでまなぶ! 戦闘外傷救護 -COMBAT FIRST AID-増補改訂版

Guns&Shooting vol.15

Guns&Shooting vol.15

ミニベロLife 小径自転車のある生活

ミニベロLife 小径自転車のある生活

NATOスペックウエポン

NATOスペックウエポン

エアガンカスタムブック チューニングメソッド2019

エアガンカスタムブック チューニングメソッド2019

お詫びと訂正

PAGE TOP