最新号 好評発売中

Gun Professionals 2016年9月号
特別定価1,296円+税
2016年7月27日発売
B5判



○定期購読のお申込はこちらから
アーカイブ
リンク
You Tube Gun Pro 動画


  

動画一覧はコチラ


Gun Professionals 9月号 ご紹介

特集:メタルフレームの時代 分水嶺1984

主要なメーカーが生産するハンドガンは、どれも似たようなモデルばかりになったと言われるようになって久しい。機能を突き詰めれば、似たものになるのは、ある意味で必然なのかもしれない。また現代は多くの主要メーカーが1911のクローンを自社製品として市場に送り出している。銃器の世界がこのように変化する節目の年を1984年と想定してみた。そして今回はその前の時代に存在した個性あふれる銃をまとめて採り上げる。それをより身近に感じられるよう1984年以前に日本でモデルガン化されていたモデルだけでレポートを構成することとした(一つだけ例外があるが…)。




Smith & Wesson Model 27 3.5”:Hiro Soga


“MGCハイウェイパトロールマン”1972年に発売され、“ABS製なのに、(そこそこ)重くて銃口からの発火が楽しめる”として人気を博したモデルガンだ。この.41口径3.5インチ銃身というNフレームらしきリボルバーは実銃には存在しないが、明らかに参考にしたであろうと思われるモデルが、スミス&ウェッソン モデル27 3.5インチ銃身だった。今回は、ディーン・カプートのコレクションからモデル27を引っ張り出して貰い、当時に思いを馳せてみたい。




AR-180:SHIN


80年代において、日本の銃器雑誌に何度も記事として採り上げられたAR-180はいずれもイギリスのスターリングアーマメント製だった。だがここにあるAR-180はそれらとは違う。日本の豊和工業で生産されたモデルなのだ。自衛隊の89式にも多大な影響を与えたと言われるAR-18、近年ほとんど顧みられることがなくなったこのクラシックアサルトライフルに今、改めてスポットを当て、その足跡を辿る。




AUTOMAG will be back! オートマグ伝説:Yasunari Akira


1970年代から80年代に掛けて、マグナムオートが次々と市場に登場してきた。その先鞭を切ったのはハリー・サンフォード氏が開発した.44 オートマグだ。当時まだ珍しかったステンレススチールで作られ、ロティティングボルトを装備するアグレッシブなオートマグは実に魅力的な銃だったが、ビジネス的には成功を収めることなく、1982年に製造を終えた。しかし、オートマグの物語は現在もまだ続いている。




Walther PPK War Time Model:Turk Takano


洗練されたスタイルと機能を持ったワルサーPPKはドイツ警察のサイドアームとして登場、その後にはナチスドイツの高級将校用として絶大の人気を誇った。この時代に登場した他のモデルはいずれも製造終了となって久しい。しかし開発から85年が経過した現在でもPPKは生き残っている。これはまさに不巧の名作ではなかろうか!今回は戦前生まれのコレクターズアイテム口径.32ACP(7.65mm)を実射も含めリポートする。



SIG SAUER P220 9×19mm 自衛隊の制式拳銃
:Terry Yano


自衛隊のサイドアームである9mm拳銃は、SIGのP220を国内でライセンス生産したものだ。1982年の制式採用から34年、旧式の感は否めないが、スイスでも同型の拳銃が継続使用されている。ここでは、自衛隊仕様に近い9mm口径の1982年製P220の操作性を検証しながら、機種選定の妥当性や制式拳銃更新の必要性について考えてみた。




BERETTA 92 SB:Hiro Soga


メタルフレームハンドガンの一方の雄といえば、ベレッタ社の92シリーズを外すことはできないだろう。中でも、1981年に“US エアフォース”に制式採用された、ベレッタ92SBの存在感は群を抜いている。月並みな92Fではなく、その前に存在した92SBにフォーカスを当てる。




S&W Model 76 SMG S&Wが生んだ悲運のサブマシンガン
:E Morohoshi


ハンドガンメーカーであるS&Wが過去に量産した唯一のサブマシンガンがモデル76だ。カール・グスタフM45の代用として、それに似せて作られたモデル76は、登場した時、すでに時代遅れとなりつつあった。SEALsへの納入も果たせず、わずか6,000挺で生産中止となった無骨なSMGに今一度、スポットを当ててみる。




Colt Woodsman Third Series Match Target:Terry Yano


.22口径のオートマチックピストルは、射撃愛好家だけでなく、米国でアウトドア嗜好の強い人達なら装備のひとつとして所持していることが多いコルトのウッズマンは、アウトドアのお供として普及した.22口径オートピストルの先駆けだ。




実銃vsトイガン15 Hartford MAUSER HSc:Toshi


ハートフォード製HScモデルガンが遂に完成した。我が国のモデルガン史上、HScの完璧版は初の試みだ。その再現性を実銃HSc戦後版と比較して確認する!




Tokarev T33:Tomonari SAKURAI


かつて東側のスタンダードモデルだったトカレフには、ダークサイドのイメージが付きまとう。マニュアルセーフティもなく、人間工学を無視したモデルのように思えるのだが、そこには意外な秘密が隠されえていた。




鋼鉄時代のスーパースピードガン
WILSON COMBAT SUPER GRADE:Toshi


80年代に熱く盛り上がったスピードシューティングマッチ、その中心的位置にあったのがウイルソン カスタムだ。飾り気はないが、隅々まで神経が行き届いたていねいな仕上げと、タイトなフィッティングでマッチに新風を吹き込んだ。Rob Leathamが当時マッチで使用していた実機をご覧く。



その他、実銃記事

・ブローニングハイパワーMk.Ⅱ:Yasunari Akita
・ユーロサトリ 2016:Tomonoru SAKURAI
・無可動実銃に見る20世紀の小火器 90 シュタイヤークロパチェックモデル1886 :Satoshi Matsuo

トイガン関連記事

・トイガンラボ 54 ハートフォード モーゼルHSc:くろがねゆう
・タナカ S&W M500パフォーマンスセンターマグナムハンター6.5 Ver.2 モデルガン
・タナカ S&W M1917  .455 HE2 4インチ カスタムHW ガスガン
・タナカ コルトパイソン .357 6inch Rモデル HW モデルガン
・エラン バウンティハンター M1911A1 ミリタリーモデル  モデルガン
・東京マルイ ガスショットガンKSG ガスガン
・ウエスタンアームズ ベレッタ M92FS ブルースチールカスタム ガスガン
・B.W.C コルトM45A1 USMC モデルガン
・ハートフォード No.3 デリンジャー ニッケルモデル
・キャロムショット スコーピオンVz61/U.S.M9 ガンブルーPG ガスガン
・SIG STL-300J/スイスアームズライト/SAAグリップ&Jフレームグリップ
・タイムワープ1984 マルシン PFCシューティングデバイス  Mark 1:Satoshi Matsuo+小堀ダイスケ
・ビンテージモデルガン 54 CMC ルガーミニ-14ライフル:くろがねゆう
・いまさら聞けないエアソフトガンの基礎知識3  電動ガンの給弾とセレクティブファイア:小堀ダイスケ

その他記事

・Knife Depot 大人のナイフ・コレクション4 バークリバー:小堀ダイスケ
・シークサーマルXR
・GUN HISTORY ROOM 番外編 上六ガン&ホビー物語 前編:杉浦久也
・ワイルダネス・チャレンジ 54 レバーアクション&シングルアクション:Woody Kobayashi
・真夜中のガンロッカー361 ディスコネクター:くろがね ゆう
・ウエスタン魂 54 リアルカウボーイヒーローを目指せ:トルネード吉田
・ガンプロシアター:くろがねゆう
・Gunぷろひろば:小堀ダイスケ
・ノーベルアームズカップ2016

月刊アームズマガジン 最新号
最新ムック

エアガン超図鑑2016

サバイバルゲーマーズ 2016 Summer

トイガン解体新書2016

Guns&Shooting vol.9

実銃射撃 in グアム

特殊部隊ウェポン&ギアマニュアル2016

モデルガンクラシックス

お詫びと訂正

PAGE TOP