最新号 好評発売中

Gun Professionals 2021年3月号
特別定価1,400円+税
2021年1月27日発売
B5判



○定期購読のお申込はこちらから
アーカイブ
リンク
You Tube Gun Pro 動画


  

動画一覧はコチラ


Gun Professionals 3月号 ご紹介


新型4.25インチ・パイソンとオリジナル4インチ・パイソン
E. Morohoshi


新型コルト パイソンについては、2020年12月号で6インチ モデルを中心に内部機構の詳しい解説など、新旧の違いをリポートしている。そこで今回は、1980年製パイソン4インチと、新型2020年製パイソン4.25インチを並べ、筆者の個人的な思い入れなども含めつつ、パイソンの魅力を違った角度から検証する。
また同時に、名称の似た二種類のカートリッジ、.357マグナムと.357SIGについても、その実力を比較してみたい。




キンバーSIS カスタムII .45 ACP
Hiro Soga


LAPDのエリートユニットであるSWATがキンバーの.45ACP 1911を採用したのは2002年のことだ。それから4年後、同じくLAPDのタクティカル ディテクティブ スクワッドであるS.I.S.でも、キンバーの.45ACP 1911を採用することが決まった。これはSISからの要望を100%取り入れたスペシャルモデルで、市販化されなかったことから、今やコレクターズアイテムとなっている。




マカロフピストル 9×18mmブルガリア製PM
SHIN


マカロフピストルは第二次大戦後に開発され、東側に属した国々で長期にわたって使用された。その外観デザインと操作性から、ワルサーPP、PPKの模倣と誤解される場合があるが、内部メカは全く異なり、シンプルでむしろ優れている部分も多い。東側のピストルであったため、あまり評価されることは少ないが、そのデザインコンセプトと撃ちやすさ、操作性は現代でも通用する。今回採りあげるのは、ブルガリアで製造されたマカロフだ。




スプリングフィールドアーモリー ローデッド 1911 9mm
Yasunari Akita


スプリングフィールドアーモリーは、1911クローンの老舗といえるメーカーだ。XDシリーズやヘルキャットといったヒットモデルを擁する今も、数多くの1911をラインナップさせ、ユーザーのニーズに細かく答えている。その中でもローデッドは、現代における“1911のあるべき形”を製品化したミッドレンジモデルとして人気だ。今回はそんなローデッドの実力をご覧いただきたい。




いにしえの定番ポリスリボルバー
コルトオフィシャルポリス.38
Toshi


今ではもう見る影もないが、かつてコルトはポリス用ハンドガンの分野で圧倒的なシェアを持っていた。そんな時代に登場したオフィシャルポリスは、警察関係者に売れまくり、コルトの歴代ダブルアクションリボルバーの中で堂々の生産挺数第一位に輝いている。映画『アンタッチャブル』はまさにそういう時代を描いた傑作だ。今回はオフィシャルポリスを眺めながら、この映画に深く関わったショーン・コネリーとエンニオ・モリコーネを追悼したい。




アリサカ タイプ38改 スカウトライフル
Turk Takano


約40年間ショップの片隅で埃をかぶっていた旧日本軍三八式に命を吹きこみ、ハンティングライフルとして現役復帰させる・・・そんな気分で始めたのが今回のプロジェクトだ。セミオートで撃ちまくるのではなく、1発入魂のボルトアクションで勝負する。ベースとなるのは三八式騎兵小銃…、「そんな名前の銃は聞いたことがない!」という声が聞こえてきそうだが、昭和15年頃に作られた旧日本軍の改造ライフルだ。これにちょっと手を加えるだけで、アグレッシブなスカウトライフルに変身する。




ベレッタモデル84 +ブラウニングBDA-380
テリー矢野


1970年代から80年代は、トラディショナルダブルアクション+ダブルスタックマガジンのセミオートハンドガンが次々と誕生、新たなトレンドとなっていた。主流は9mmパラベラムだったが、その流れはミッドクラスへも波及し、過去には存在しなかったタフな.380ACPオートがいくつも登場している。中でもベレッタ84とブラウニングBDA 380はその先駆者的存在だ。




第二次世界大戦 ドイツ軍と共に戦った外国製ピストル Part 9
Pistole 640(b) FN ハイパワー 後編
床井雅美/神保照史


ジョン・M・ブラウニングが基本設計をおこない、その後、ベルギーFNのデュードネ・サイーブが完成させたFNハイパワーピストルは、銃砲史上に残る傑作のひとつとなった。ベルギーを占領したドイツはこのハイパワーをFN社に生産させ、準制式ピストルP640(b)として活用、その数は319,000挺に上る。今回はFNハイパワーの後編として、ベルギー軍に採用された以降の状況について詳しく解説したい。



アンドレアス・バウムキルヒャーとアンダーハンマーガン
Tomonari SAKURAI:櫻井朋成


アンドレアス・バウムキルヒャー氏は、マズルローダーガンのガンスミスだ。同時に世界中の射撃大会に参加して多くのメダルを獲得している優れたシューターでもある。バウムキルヒャー氏の作る銃は、高い命中精度を備えており、そして美しい。そこには現代の銃とは全く別の魅力が秘められている。



新生オートマグ、遂に出荷開始!
Yasunari Akita


多くの人達を魅了しながら1971年から1982年まで製造されたオートマグは、長く語り継がれる伝説的な存在となっていた。これまでにも復活の話はあったが、だれもそれを実現させることはできない。しかし、それも過去のことだ。新生オートマグは多くの改良が加えられ、遂に市場に戻ってきたのだ。


その他、実銃記事

・「ショーケースの片隅から 13」 ベレッタ モデル1951, モデル1934, モデル418:Terry Yano
・「今月の,どマイナーWORLD! 63」 ツァスタバ Mod.70:Toshi
・9mmルガー ハンドローディング:Hiro Soga
・「無可動実銃に見る20世紀の小火器 146」 ベネリ SPAS 15:Satoshi Matsuo
・「ガンヒストリールーム 73」 新説四四式騎銃1 誕生と改修:杉浦久也

トイガン関連記事

・トイガンラボラトリー108 ARMORER WORKS/CYBERGUN デザートイーグル .50AE:くろがね ゆう
・タナカ S&W M13 FBIスペシャル HW Ver.3 モデルガン
・タナカ/サンケン SAA 4-3/4” バーズヘッド ガスリボルバー
・ハートフォード SAA.45キャバルリー、アーティラリー組立キット モデルガン
・ARES ケルテックRDB 電動ガン
・東京マルイ URG-I SOPMOD Block 3 電動ガン
・ELAN コルトMKⅣ シリーズ80コンバットコマンダー.38スーパー スラントグルーブ モデルガン
・KSC CZ75アキュライズ1ヘヴィウェイト ガスブローバック
・タイムワープ1986 マルゼンKG9 ガスガン セミオート:池上ヒロシ
・ビンテージモデルガン コレクション108 マルシン エンフィールドNo2 MkI(1985):くろがね ゆう
・キャロムショット ワルサーPPK/Sモリブデンブルー ガスブローバック

その他記事

・「亜米利加ガンショー徒然日記 外伝9」 “Clamshellホルスター編”:Toshi
・「ウエスタン魂! 108」 西部劇2020:トルネード吉田
・「真夜中のガンロッカー 415」 激動の2020を振り返る:くろがね ゆう
・「ガンプロシアター」:くろがね ゆう
・「Gunぷろひろば」

最新ムック
東京マルイ MK46 MOD.0 完全読本

東京マルイ MK46 MOD.0 完全読本

ナイフカタログ2020

ナイフカタログ2020

Cameraholics Vol.2

Cameraholics Vol.2

トイガンダイジェスト2020

トイガンダイジェスト2020

二丁目のガンスミス

二丁目のガンスミス

Guns&Shooting vol.16

Guns&Shooting vol.16

お詫びと訂正

PAGE TOP