オー・マイ・グーッズ!

中世の職人たちは、日の出と共に資源を求め、日没と共に生産を開始する。

中世のヨーロッパで、プレイヤーは道具、樽、鉄、ガラスなど、幅広い商品を製造する職人となります。資源を求め、商品製造のための建物を建て、助手たちを雇い、出来るだけ効率よく商品を製造しましょう。

このゲームは、プレイヤーは職人となり、資源を手に入れながら商品を生産していきます。どのプレイヤーも最初の生産できる設備は「炭焼き小屋」のみ。ゲームを進めながら資源を入手し、生産に必要な設備を建設することで、自分の持つ設備で価値の高い資源を製造し、さらに価値の高い商品を生産できるようになります。

ゲームのラウンドは大きく分けて、「日の出」と「日暮れ」の2つに分かれています。日の出では、市場が開かれてその日に使用可能な資源が公開され、各プレイヤーはその日に生産する商品と、建設する建物を決めます。日が暮れたら、市場で公開された資源を元に、日中に決めた設備を稼働させて商品の生産や、建物の建設をします。市場で公開されている資源だけでは足りない場合は、手札のカードを不足分の資源に充当することも可能です。こうして、必要であれば建物を建設しつつ、助手を雇いながら商品を生産していきます。一定の条件を満たせば、商品チェーン(連鎖)を使って、1つの建物で追加の商品を生産することも可能です。こうして1日単位でプレイを続けて行きます。建物、商品、助手それぞれに勝利点が設定されていて、ゲーム終了時に最も多くの勝利点を獲得しているプレイヤーがゲームの勝者です。

作者は「ポート・ロイヤル」、「ブルームサービス」、「モンバサ」で人気のA.プフィシュター、イラストは「アグリコラ」シリーズのK.フランツが担当。各カードは1枚で「資源」、「建物」、「商品」の3つの機能を持ち、内容物はカードだけで完結。コンパクトで手軽にできる、今話題の拡大再生産カードゲームです。

『オー・マイ・グーッズ!』に以下の改訂があります

P.2『ゲームの準備』2段目
2段目の図解が訂正されています

P.2『ゲームの準備』4段目
旧)最近精を出して働いたプレイヤーが最初の親プレイヤーとなります。
新)最近精を出して働いたプレイヤー(またはランダムに選ばれたプレイヤー)が最初の親プレイヤーとなります。。

P.3『ゲームの準備』4段目
追記)~その建物が生産した商品となる。これらの商品は、その建物に示されている価値のコインとして使うこともできる。

P.3『ゲームの準備』カードの読み方図
資源と建物の商品のアイコン図解が追加されています

P.4『I. 新たな手札』
旧)~手札をすべて捨て札にして、山札から同じ枚数のカードを引くことができます。
新)~手札をすべて(一部は不可)捨て札にして、山札から同じ枚数のカードを引くことができます。

P.5『稼働』
旧)また、プレイヤーは手札のカードを資源としてプレイすることもできます。
新)また、プレイヤーはフェイズⅣ中に、手札のカードを資源としてプレイすることもできます。

P.7『IV. 生産と建設』
1段落追加)
■ 手札からプレイした資源は1つの建物でのみ使うことができます。しかし、各建物は生産のために市場ディスプレイの任意の(またはすべての)資源を使うことができます(生産チェーンのために使うことはできません)。

P.7『助手』
旧)プレイヤーは不足している資源を手札から捨て札にすることができます。捨て札にした各カードは1つの建物でだけ使うことができます。
新)プレイヤーは不足している資源を手札からプレイすることができます。プレイした各カードは1つの建物でだけ使うことができます。

P.8『助手』
旧)こうして、プレイヤーは通常の方法で生産した商品の上に追加の商品を置くことができます
新)こうして、プレイヤーはその手番中に追加の商品を生み出すことができます

P.9『注意』
段落差し替え)
注意:助手による生産でも、その建物の生産チェーンを開始させることができます。フェイズIVの生産終了時、労働者は建物を離れます(新たに雇用した助手をその建物に割り当てることができます)。しかし、助手は今いる建物に残ります(次ラウンドのフェイズII中、プレイヤーは2コインを支払って助手を移動させることができます)。

P.10『助手』
旧)プレイヤーは雇った助手を即座に任意の建物1つの下側に置きます。
新)プレイヤーは雇った助手を即座に任意の生産建物1つの下側に置きます。

1段落削除)
■ すでに助手を2人持っている場合、プレイヤーはそれ以上助手を雇うことができません。を削除。

1段落追加)
■ 複数のプレイヤーが同じ助手を同時に雇用したがった場合、親プレイヤー(次いで時計回り順で親プレイヤーに近いプレイヤー)が優先権を得ます。

旧)さらに持っている商品の価値合計5コインごとに1勝利点を得ます(端数切り捨て)
新)さらに建物上に残っている商品の価値合計5コインごとに1勝利点を購入します(労働者カード上にカードを置き、購入した勝利点を示します)

旧)この資源は「ガラス工房」での生産に必要な資源の1つとして使うこともできますが、生産チェーンのために使うことはできません
新)この資源は生産でのみ使うことができ(「ガラス工房」で使うこともできます)、生産チェーンのために使うことはできません。

こちらの変更は、再入荷分からルールブックに反映しています。

ゲーム概要
デザイン Alexander Pfister(System)
Klemens Franz(Art)
人数 2~4人
対象年齢 10歳以上
時間 約30分
版元 Lookout Games
価格 1,600円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2016年7月

 

内容物

カード 110枚
ルールブック

©2016 Lookout GmbH.