ディクシット:ジンクス

dixit_jinx_components

『ディクシット』をコンパクトにした

『ディクシット:ジンクス』

『ディクシット:ジンクス』は、パッケージとカードをコンパクトにして、持ち運びも便利になったお手軽バージョン。
プレイヤーの中の1人が語り部となり、場に並べられた9枚の抽象的な絵柄が書かれたカードの中から指定された1枚について、その絵柄から連想される言葉を言い、他のプレイヤーはそのカードをできるだけ早く当てていきます。
誰かが当てたらそこでストップ。当たったプレイヤーはそのカードを獲得して自分のポイントにできて、外した場合は、語り部がそのカードを獲得してポイントにします。全員が外した場合は、語り部はペナルティとして、自分のポイントのカードを失います。  1枚目で当てられたり、全員外れの場合、語り部はポイントをもらえない(場合によってはマイナス)ため、語り部はバレバレでも的外れでもない、適度にあいまいな言葉を要求される。
簡単なルールで、スタイリッシュなカードイラストと、その他のコマ類を使わない持ち運びに便利なシンプルなコンポーネントで老若男女で楽しく遊べる、リアルタイム・コミュニケーションパーティゲームだ。

ゲーム概要
デザイン Josep M. Allue
人数 3~6人
対象年齢 8歳以上
時間 約15分
版元 Libellud
価格 2,000円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2012年5月

 

内容物

・ポジション・カード 9枚
・両面印刷のイメージカード 71枚
・ルールシート

関連製品(拡張など)

©Libellud