ディクシット

dixit_base_jp_boxeclate1

絵と物語りがゲームとなったコミュニケーションゲーム

ドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、世界中に“コミュニケーション・ボードゲーム”のブームを巻き起こした『DiXit』待望の日本語版で登場です。

『DiXit』とは、ラテン語で「(彼が)言う」の意味で、フランスでは根拠なき主張を揶揄するときに使う言葉です。
このゲームでは、各プレイヤーが6枚ずつの手札を持ち、1人ずつ交代で語り部を務めます。語り部は自分の手札1枚を選び、その絵柄から連想される言葉を言い、他のプレイヤーは自分の手札からその言葉にもっとも関係していると思うカード1枚を選びます。全員がカード1枚ずつを出したら、語り部がそれをシャッフルして並べます、語り部以外のプレイヤーは「語り部の選んだカード」と思ったカードに投票し、その投票結果によってポイントを獲得できます。全員当たり、または全員外れの場合、語り部はポイントをもらえないため、語り部はバレバレでも、的外れでもない、適度にあいまいな言葉を要求されることになります。
簡単なルールで、メルヘンチックなカードイラストと、かわいいウサギコマを使って老若男女で楽しく遊べる、コミュニケーションパーティゲーム。

2010年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作ほか多数の受賞歴

  • 2009年ゲーム100選ベストパーティゲーム(米)
  • 2009年トリック・トラック賞(仏)
  • 2010年ドイツ年間ゲーム大賞受賞(独)
  • 2010年オーストリアゲーム大賞ファミリー部門受賞(墺)
  • 2010年オランダゲーム賞7位受賞(蘭)
  • 2010年フィンランド年間ゲーム大賞ファミリーゲーム部門受賞(芬)
  • 2010年ポーランド年間ゲーム大賞ノミネート(波)

上記含め、2011年までにゲーム賞の受賞・ノミネートは19に上ります。

ゲーム概要
デザイン Jean-Louis Roubira
人数 3~6人
対象年齢 8歳以上
時間 約30分
版元 Asmodee Editions
価格 4,500円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2011年8月

 

内容物

・ゲームボード 1枚
・カード 84枚
・投票トークン 36枚(6色各6枚)
・木製ウサギコマ 6個

関連製品(拡張など)

©Libellud