よくある質問と回答とプチ案内


・まずプチ案内。
来週には『アウグストゥス』『ワンダーランド』が出荷の予定です。

あとドットでお絵かきするパーティーゲーム『PIX(ピックス)』も近日ご案内なので各店舗様でももう少ししたら予約受け付け開始されるでしょう。
予定は4月となっています。

すでにご案内をしております『アグリコラ世界選手権デッキ』は3月下旬予定となっています。
生産数は少な目だし、まぁ再生産はムリ……じゃないかなー。
と言うわけでお早目に。
なお、『内容量に比べて高いゲーム』は生産数が少ないと推測できるわけなので要注意です。

あと、まだまだ問屋様への案内ができませんが、『パンデミック』は初版がだいぶ前に切れていたのが、再生産で2版に切り替わります。
いつになるかわかんないけど。
(なぜか秋になるとぐっと売れ行きが伸びるんだ……風邪の季節だから?)
あ、『絶体絶命』の初版が欲しい方はお早めに。

『レジスタンス:アヴァロン』は4月に遅れております……ライセンス元の香港のウォーゲームズクラブの社長は凝り性なんで、クォリティ関連で粘ってんのなぁ。
凝り性(というかゲーマー)の中国人はその辺はしっかりしていますな。
工場は別だけど。

……『ユークロニア』は4月以降
がんばれIelloの担当と中国工場(新)。

あとはいろいろ確認中。
『イノベーション:エコーズ』は生産開始待ち。がんばれ中国工場。
『アグリコラ:牧場にもっと建物を』も生産待ち。
『ル・アーブル:内陸港』は……クレメンス・フランツが悪い(らしい)。
これらは予定が決まったら案内が流されます。

そのほか秘密で進行中のものもあるけどね……a)大きめのアレb)アレの続きc)アレの改訂版d)アレの新版……か。
これらはいろいろ決まったら発表します。
たぶん、ゲームマーケット2013春で。
c)は大会がやりたいなー。また今年もドミニオンの世界大会があるから、日本大会も準備しないとなー。
d)は先方のメーカー担当、こちらのアートワーク担当、そしてオレがノリノリのモノなので、公表できるようになったら速攻告知する。
というか、先方の担当は「本当はこういったゲームを作りたいんであって、売れるけどファミリー向けゲームは作りたくないんだよねー(意訳)」とかいう発言をしておったらしい。
全世界で、己の趣味で突き進んでいる、そんな業界です。

・という予定の話を踏まえて、良くある質問とそれに対する回答を。

Q.○○日本語版が手に入らないのですが、絶版ですか? 再生産の予定はあるのですか?

A.まず、絶版に関して。
絶版と言うのは、版元が『もうこれ以上作りませんよ』『もうこれ以上作れませんよ』という状態です。

契約が切れたり(たとえばクニツィアのゲームは契約期間が決まっております)、日本語版ライセンスが切れた場合は『もうこれ以上作れない』となります。

さらにきついと製造に関してだけではなく、販売権に関しても切れる契約の場合があるわけです。

そもそも会社がなくなっちゃう場合もありますね……そうなると再生産なんてムリ。

あと、新版に切り替わっちゃう場合は、旧版はもう生産することは無くなります(たとえば……Z-MANが最初に作った中国製の『オニリム』はエンボス加工されていましたが、フィロソフィアに会社を売った後の版はヨーロッパに工場が変わってツルツルですし、『エクィリブリオン』はタイトルが変わって『ウルビオン』となったので、旧版はコレクター的には垂涎の的かな?)。

以上を踏まえて、だいたいお尋ねいただく商品(ドミニオンシリーズ、パンデミック、アグリコラシリーズ、)に関しては

「わからん」

としか言いようがないのです。
何しろ、ライセンス元ではまだ作る気がある(と言うよりも、「もう作らない」という宣言がされていない)限りは可能性があるのです。

じゃぁ再生産の予定と聞かれても……

「わからん」

としか言いようがないのです。
と、言うのも、日本語版だけで製造できればスケジュールをある程度コントロールできますが、今や各国語版を同時に製造することでコストが下がっているからこそのあのお値段なわけなので、各国の要望がそろって初めて製造スケジュールが立つわけです。

なお、たいていの品切れ中の商品は、再販の時期が決まったら案内を各問屋様経由で流します(『再入荷受注』ってやつね)。
つまり「再生産の予定はあるのですか?」と尋ねなければならない状態だということは、

「わからん」

としか言いようがないとも言えるのです。
……困るよな。
我々も困ってるがどうしようもない。

・そして長い前ふりでしたが絶版情報……販売契約切れます。

『洛陽の門にて』

あと、ひそかにNexus Gamesは無くなっております……『ダコタ』とか『ウィングス・オブ・ウォー』とか『ホワイトチャペル』とか。
特に、『ウィングス・オブ・ウォー』は当社の残りがかなり少ないですよ!

あと、クニツィアのゲームもいずれ切れるのでご注意を。
和訳付の輸入物でも、クニツィアのゲームは販売期間が終わったら再生産が無い傾向デス。

と言うわけで意外とこの『買えなくなるの!?』な質問は多いので、少しでも知ってもらえれば買い逃しするひとも減るかなー。
あと、予約は重要ね。
出荷初動を見ていろいろ計画建てるわけなので、『買うのは発売後様子を見てから』……とかが多いと品切れ期間も長くなってしまいがちですので。