>> 最新案内
フラッシュポイント 日本語版

多人数協力型ボードゲーム
フラッシュポイント 火災救助隊
日本語版


  • 日本語版販売:ホビージャパン
  • 発売:好評発売中(2012年8月)
  • 価格:4,000円+税


  • ゲームデザイン:Kevin Lanzing
  • プレイ人数:2~6人用
  • 対象年齢:10歳以上
  • プレイ時間:約45分

  • 内容物:ゲームボード(両面印刷)1枚、ルールブック1冊、消防官コマ6個、専門家カード8枚、火災マーカー33枚、高温点マーカー22枚、不審箇所マーカー18枚、危険物マーカー6枚、アクションマーカー21枚、ダイス2個 他

このエントリーをはてなブックマークに追加


残された人々の命は君たちの手にゆだねられた。
失敗は許されない。

 「119 番、消防です。火災ですか! 救急ですか!」
「か、火事です!!」

 パニック状態の相手からとの返答があった。その瞬間、君たちは防火服を身にまとい、灼熱の地獄へと急行する。現場でレスキュー活動を開始し、日ごろの訓練の成果をみせるのだ。
 君たちは決してあきらめず、恐怖と戦う。燃え広がる炎、焼けて崩壊しつつある建物のなかで生命の危険にさらされる。君たちはチーム一丸となってそれぞれの役割をこなして、地獄に取り残された人々を救出しなければならない。失敗は許されない。君たちは市民から頼られる勇敢な火災救助隊員だ。そして、これが君たちの日常だ。
 『フラッシュポイント:火災救助隊』 は協力型ゲームです。
 プレイヤーはそれぞれ1人の消防官となり、参加プレイヤー全員で1つのチームを編成し、勝つ時も負ける時も全員一緒です。
 プレイヤーのチームはゲームに勝利するために、燃えさかる建物の中で倒れている要救助者たちを救出しなければなりません。時間の経過とともに燃え広がる炎。炎や煙と戦いながら進入路と脱出路を確保しつつ逃げ遅れた人々を救出に向かいます。しかし油断すると爆発の危険もあり、4人以上の犠牲者を出してしまうか、または建物が崩壊してしまうとゲームオーバー。いつ火の勢いが増すかもしれない火災現場の臨場感に手に汗握るゲームです。
 ルールは初級者や子供とのプレイ向けの“ファミリーゲーム”と上級者用の“経験者向けゲーム”の2種類が用意されています。さらに経験者向けには難易度が4段階設定されていて、ゲームの熟練度に応じて様々なシチュエーションを仲間とプレイできます。


ホビージャパントップへ © 2011 Lone Oak Games, Inc
© 2012 HobbyJapan CO.,Ltd All Rights Reserved.一切の無断転載を禁止します。