09
9月

 12月9日(金)発売の『Opus I』はブースターパックだけでなく、買ってすぐに遊べる、50枚のデッキとなっている『スターターセット』(構築済みデッキ)も3種類発売されます。

 『スターターセット』は同じようなものが『Chapter』のときも何種類か発売されていますが、内容的にはあまり統一感のない、買えばすぐに遊べるという部分が売りの作りになっていました。

 しかし今回の『スターターセット』はそれぞれが個別の原作をモチーフにした、ある種のテーマデッキとなっています。
 発売される『スターターセット』は『FINAL FANTASY VII』、『FINAL FANTASY X』、『FINAL FANTASY XIII』の3つで、名前のとおり、それぞれのデッキにその原作由来のカードが多数入っています。ですので、初めて『FF-TCG』を遊ぶ方が好きな原作のカードを使って始めることができるというわけなのです。

 また、デッキで使用されている属性は『FF VII』が火と土、『FF X』風と水、『FF XIII』が氷と雷という形で、それぞれが2属性のみで構成されています。ですので、初心者にも使いやすく、また、使う属性が限られているのでデッキを強化しやすくもなっています。つまり、今回の『スターターセット』は今まで以上に初心者向けかつ、実用的なものなのです!

 そして『スターターセット』にしか入っていないレアリティ『S(スターター)』のカードが、各デッキに10種類入っています。それらはブースターパックからはプレミアムカードとしてのみ出現しますので基本的にはブースターパックを買っても手に入りません。しかしながら、これらのカードはそれぞれが3枚ずつ『スターターセット』のなかに入っています。同じ『スターターセット』を何個も買う必要はありません。

 ルールシートやデッキの使い方を解説したプレイガイドも同梱されていますので、こちらのセットもぜひよろしくお願いします。

 景山太郎

スターターセット収録のカード

スターターセット『FINAL FANTASY VII』収録のカード

スターターセット収録カード

スターターセット『FINAL FANTASY X』収録のカード

スターターセット収録のカード

スターターセット『FINAL FANTASY XIII』収録のカード

Comments are closed.