ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

モンスターマニュアル モンスター図鑑

ミミック
 はじめは物体と見えたが、生命体であることが明らかとなる。そのクリーチャーが擬足をのばし、打ちかかってきたのだ。
ミミック(擬態の怪物)は体色と姿形を変えることのできる、奇妙で危険なクリーチャーである。彼らはこの能力を用いて不運な犠牲者をおびき寄せ、充分に近づけたところで殺す。
ミミックは自然に発生したクリーチャーではなく、今では名前も忘れられてしまったウィザードがはるか昔に創り出したものだと言われている。それ以来、この恐るべきクリーチャーは宝を守ることに専念している。
ミミックにはありとあらゆる大きさのものがいるが、たいていは体長が10フィートを超えることはない。典型的なミミックは体積150立方フィート(5フィート×5フィート×6フィート)で、体重は4,500ポンドほど(約2,000kg)である。
ミミックは共通語を話す。